• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こころのトリセツ

わけもなくさびしくなる

2014年6月30日

「人間って、基本は一人だな」と割り切ることも、ときには大切

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 陸上自衛隊初の心理幹部として、衛生科隊員たちへのメンタルヘルス教育や、自殺防止、カウンセリングなどを行う下園壮太さん。自衛隊員はときに過酷な任務で極限の心理状態に置かれることがありますが、それをコントロールしたり、メンテナンスする方法を教えたりするのが心理幹部の役割です。こうした自衛隊でのノウハウは、普通の生活をしている人のメンタルマネジメントにも役立つヒントがいっぱい。下園さんの著書「自分のこころのトリセツ」の中から、働く女性が抱えるリアルな悩みに寄り添う解決のポイントをテーマにわけて紹介します。

 誰かといても、心の奥はいつもさびしい、ということがあります。

 さびしさという感情は、人間が孤独になることを避けるために、本能に刻まれた原始的な感情です。

 人間にとって孤独というのは非常に危険な状態を表します。一人では背後を確認できないし、手も2本しかない。いつ外敵に襲われるかもわからない状況の中で、本能は、「孤独=潜在的な危険」と、常に感じるようにできているのです。

 孤独でいることは生命力を弱め、誰かと一緒にいれば生命力が高まる。孤独感を強く感じるプログラムが備わっているから、誰だって基本的には、さびしがりやです。

 しかし、物事にはすべて、メリットとデメリットがあります。

 誰かといると安心ですが、自由もプライバシーも制限されます。気遣いするエネルギーも消耗する。これがかつてのムラ社会です。しかし、その我慢をしてでも安全や食糧を得るメリットが大きかったから、人は長い間、集団生活をしてきました。

 ところが現代は、環境ががらりと変わり、獣もいないし、食糧もコンビニで調達することができる時代です。念願のプライバシーや自由を得た。けれど、いざ一人になると、潜在的に持っている「一人ではさびしい」という本能が騒ぎ出します。もちろん、不安や恐怖にとらわれるときはさびしさも強くなります。しかし、意外にもこのさびしさをひしひしと実感してしまうのは、「楽しさ、うれしさを一緒に喜ぶ人がいない」ときです。

 原始時代なら、親が狩りをして帰ってくれば、家族一同で大喜びでした。冷蔵庫がない時代だから、一斉に食事が始まる。喜びやうれしさを共有することは、きずなや共同体意識を高め、「自分には、命をかけて守ってくれる人がいる」と強く感じることができる貴重な経験となりました。

 ところが現代は、家族がいても、パートナーがいても、食事時間は別で、プライバシーには立ち入らない風潮のために、心を通じ合わせる機会が減っています。人と濃く関わることは、うっとうしい半面、本能的には安心感を得る手段でしたが、それが欠落した状態になっているのです。

「3分割の人間関係」でバランスをとる

 ここで注意点。さびしくて仕方がない、というときは、うつ状態を疑ったほうがいい場合があります。心身のエネルギー低下は、戦闘能力を失っているということです。

 自分を守るために、本能は孤独感を強調してきます。一方、うつ状態になると、人間関係によるエネルギー消耗を避けようとして「対人恐怖」の症状が出ます。会う約束をドタキャンする、飲み会を避ける、職場からすぐに帰る、といった行動が増えてきます。「さびしい、でも、人と会いたくない」と二極化する思いでぐちゃぐちゃになってしまうのですが、そんなときはきっぱりと「今は休むことが必要なんだ」と、休息をとることを優先するべきです。

 ただし、身近な友人とご飯を食べるくらいの気力があれば、それもお薦めです。食事というのは、原始人モードで考えると、体にも心にもエネルギーを注ぎ、仲間との共同体意識を感じられるきっかけにもなりうるからです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ