• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こころのトリセツ

人前で話すのが怖い

2014年6月23日

人の本能は自覚している以上に、他人の反応を怖がっているもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 陸上自衛隊初の心理幹部として、衛生科隊員たちへのメンタルヘルス教育や、自殺防止、カウンセリングなどを行う下園壮太さん。自衛隊員はときに過酷な任務で極限の心理状態に置かれることがありますが、それをコントロールしたり、メンテナンスする方法を教えたりするのが心理幹部の役割です。こうした自衛隊でのノウハウは、普通の生活をしている人のメンタルマネジメントにも役立つヒントがいっぱい。下園さんの著書「自分のこころのトリセツ」の中から、働く女性が抱えるリアルな悩みに寄り添う解決のポイントをテーマにわけて紹介します。

 人前でのスピーチやプレゼンテーション、会議での発言などで、「あがる」感情に困ってしまうことがあります。

「あがる」という感情は、一見、現代人特有の感情のように見えますが、実は原始人だったころの「本能」と密接につながっているのです。あがったときの体の反応と照らし合わせると、その仕組みがよくわかります。

 手に汗をかくのは、石ころや枝などの武器をぐっとつかんで敵への戦闘能力を高めるためです。また、けがをしたときの出血に備えて血液の粘度が高まり、ドロドロの血液を押し出すために血圧が上がり、心臓もバクバクします。本来は消化に使うべきエネルギーを防衛対策に総動員する必要があるので、胃腸など消化器の働きはストップし、空腹も忘れてしまう。唾液分泌が止まり、口もカラカラに渇きます。

 さらに、攻撃に弱い「のど」や「お腹」を守るために、肩が上がって前傾姿勢になります。このようなときに論理的に考えていては攻撃するか逃げるか、という一瞬の選択が遅くなります。そこで、論理的思考が麻痺し、経験や勘だけで行動してしまいがちです。また、力を使う大きな筋力を動かす準備をしているので、手先の細かい作業もできなくなります。確かにあがったときは、記憶が飛んでしまったり、手元が震えて書類を落としたりするものです。

 このように、敵と出会ったときに無意識に起こる「自衛反応」のことを私は「驚き・興奮プログラム」と呼んでいます。このプログラムが「あがり」の感情を引き起こす正体ともいえます。人前で話すことは殺される危機でもないのに、同じプログラムが発動してしまい、本番の2週間も前から緊張や胃痛が続き、胃を壊す、肩こりや腰痛が悪化する、といった体の不調も起こります。

 また、あがるような出来事は「人前で何かをする」ときや「もしも失敗したら誰かに迷惑をかけたり自分の評価が下がったりする」ときであることが多いものです。

 人の本能は、自分が自覚している以上に、他の人間の反応を怖がっています。だから、「人」を意識すればするほど不安は高まり、「あがる」感情も強まってしまう。嫌だな、と思うほど、このような困ったスパイラルが拡大してしまうのです。

 

着実に準備し、高すぎる目標は下げてみよう

 「どうか、あがりませんように」と唱えて理性で抑え込もうとしても効果がないのは、あがることが、本能が発する自衛のための感情だからです。しかし、そのメカニズムをよく理解した上で対策をとると、ずいぶん冷静になることができます。

 たとえば、スピーチのことを考えるだけでもあがってしまうようなときは「必要な対策をやっておけ、というサインなんだな」と前向きにとらえるといいのです。やるべき準備やリハーサルを淡々とこなしましょう。話す内容をメモした紙や、試験前であれば自分の勉強したノートや参考書類を本番の場所にも持っていきます。現場で見ることはなくても、「これがあるから大丈夫!」とお守りの役割を果たしてくれます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ