• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

効くニュース from 日経ヘルス

のむだけで「大腸がんの精密検査」が可能

2014年5月27日

恥も苦痛もない大腸用カプセル内視鏡。広範囲の保険適用に期待!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 大腸がんの精密検査の方法に、のむだけで苦痛も恥ずかしさもなく検査を受けられる「カプセル内視鏡」が1月から加わった。保険が適用される範囲はまだ狭いが、検査法の選択肢が広がったのは朗報だ。

 女性のがんによる死亡原因の第1位である大腸がん。そのスクリーニングとして自治体や職場などで実施しているのが大腸がん検診(便潜血検査)だ。検診で血便が見つかれば、肛門から内視鏡を挿入して大腸を観察する大腸内視鏡での精密検査(精査)を受けることに。精査でポリープなどの病変が見つかったら、そのまま内視鏡で組織を切除したり、治療したりする処置が必要。ところが血便が見つかった人で精査を受けているのは60%程度にとどまる。大腸内視鏡検査は「痛そう」「恥ずかしい」と敬遠する人が多いためだ。

 この点、最近国内で使えるようになった大腸用カプセル内視鏡は、検査時に苦痛を伴わず、恥ずかしさなどの精神的負担もないため、従来の内視鏡検査に抵抗があった女性などに向く。

 検査の流れはこうだ。患者は検査前日から腸管洗浄剤などを服用して腸内を空っぽにしたうえで、長さ3cmほどのカプセルを服用。カプセルは4~5時間かけて腸内を移動しながら小型カメラで腸内を撮影する。その情報は患者が装着した記録装置に転送される。撮影中は院内を歩き回ったり外出したりすることが可能だ。撮影後は患者が自宅などで回収し、廃棄する。

■カプセルをのむだけ。数時間の検査
撮影中は普通に過ごせる
のみこんだカプセル内視鏡(横3.1cm、幅1.16cm)で撮影された画像データは患者が体表に装着したセンサーが受信し、レコーダーが記録する。医師はレコーダーから画像を取り出してチェックする。
■カプセル内視鏡の登場で、精密検査の選択肢が増えた
血便があった患者は従来、通常の大腸内視鏡で検査するしかなかったが、大腸用カプセル内視鏡の登場で精査の手段が増えた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ