• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

続々オープンの一品勝負の専門店をチェック!

2014年5月22日

ポテトにチーズ、納豆からカレーうどんまで、ぜ~んぶ単一メニューの店

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 最近、専門店のオープンが相次いでいるのをご存知だろうか。今もブーム冷めやらぬパンケーキ(参照:フレンチ風も登場! パンケーキ最新事情)や一風変わったチョコレート料理専門店「MAX BRENNER」(参照:バレンタインは高級チョコかチョコ料理で!)など、今までにはなかったタイプの専門店が人気を博している。

 そこで今回は、単一メニューで勝負する珍しい専門店を一挙に紹介しよう。(※価格は特記がない限りすべて税抜)

 まずは、2013年12月に東京・広尾にオープンした「AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット)」。ありそうでなかったフレンチフライの専門店だ。ファストフードの脇役イメージが強いポテトをメインにした、ポテト好きにはたまらないお店。ポテトの種類の豊富さに、リピーターや地方からわざわざ買いに来る人も多く、行列が絶えない人気店だ。

容器はBOX(写真左)かFLOWER(写真右)を選べる。価格は520円(税込)~。季節ごとに厳選した6種の芋から品種やカットを選び、塩や常時10種類あるDIPを組み合わせ、自分好みのオリジナルなフレンチフライをオーダーできる。1種類のDIPが月替わりで、5月はスパイシーヨーグルトマヨネーズ。

 AND THE FRIETのPR 竹島友美さんに、なぜフレンチフライの専門店を作ったのか聞くと、「運営会社が音楽系の会社で、代表が新規事業として音楽以外で面白いコンテンツを考えていた矢先、出張先のベルギーで街角にフリットスタンドが立ち並び、ディップやパッケージなどで各店舗が競っているのを目の当たりにして、新しい食のスタイルとして日本でも受け入れられるのではないかと考え出店しました」とのこと。

 フレンチフライの本場がベルギーだというのも興味深い。現地ではポテトとマヨネーズの組み合わせがスタンダードだそうで、同店のDIPもマヨネーズベースが豊富だ。じゃがいも自体も、ベルギーから輸入している“ビンチェ種”が人気商品だという。

 このビンチェ種にストレートカット12mm×自家製マヨネーズというのが店員一押しのオーダーメニュー!また、じゃがいもだけでなく、特選国産薩摩芋もあり、これにスイートチリサワークリームを合わせるとデザートのような味わいに。添えられたピクルスもいいアクセントになっている。

 ウエイティングの時間が比較的少ない穴場の時間帯を伺うと、「オープン直後と閉店前が比較的すぐにご購入いただけます」と竹島さん。色んな種類を試したいときは友人と連れ立って行くのがオススメだ。

 続いてもポテト好きに朗報! 新感覚ポテトサラダの専門店「Potato Cream(ポテトクリーム)」を紹介しよう。

 ポテトサラダといえば、“ポテサラ”の愛称で親しまれ、ポテサラだけの書籍や雑誌が出るなど、人気の高い食べ物だ。しかし、こちらのお店は巷のポテサラとは一線を画している。なんとこれだけでメインのおかずになるクリーミーなポテサラなのだ。

東京・自由が丘に2013年12月オープンした「Potato Cream」。PとCを組み合わせたト音記号のようなデザインのロゴが目印。自由が丘らしいオシャレな外観だ。20時までの営業だが、早いと夕方には売り切れる。売り切れ次第閉店するので確実に食べたい方は早めの来店を。
ポテトクリームは、“ナスと挽肉のトマトポテトクリーム”、“かぶと鶏肉のゴルゴンゾーラポテトクリーム”、“アスパラとベーコンのジェノベーゼポテトクリーム”、“色どり野菜のカレーポテトクリーム”、“小松菜としらすの和風ポテトクリーム”の5種類(※季節などにより変更あり)。各550円(税込)。ポテトクリームとバゲットのセットが630円(税込)、さらにコーヒーをセットにすると810円(税込)。

 Potato Cream共同経営者の小川慶子さんによると、「ポテトサラダが大好きな人は多いのに、専門店がないと気付いたのがきっかけで。ただのポテサラではなく、オシャレに敏感な方や、忙しくてなかなか食事が摂れない方などに、健康的で、かつ新しい価値観を提供できたらおもしろいなと思ってオープンしました」とのこと。

 「クリーミーさがこの商品の特徴なので、お時間がある方には店内でぜひ召し上がっていただきたいですね」と小川さん。ジャガイモ好きやポテトサラダ好き、マッシュポテト好きなど、いもLOVEな方々にとても喜ばれているのだとか。

 人気メニューは、“ナスと挽肉のトマトポテトクリーム”と“かぶと鶏肉のゴルゴンゾーラポテトクリーム”。やはりポテトと肉の組み合わせにひかれる人多し! また、自由が丘ではスイーツ以外のものが新鮮でいいとの声も。

 続いては、珍しいモッツァレラチーズの専門店に、食べ放題の納豆や、絶品カレーうどんの専門店を紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ