• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

年齢の差がありすぎ、上司にしか見えません

2014年5月19日

お見合いおじさんによる「初めてのお見合い」、その結果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「前にもお話しましたが、やっぱり年の差がありすぎると、上司としゃべっているように感じてしまいました。山田さんがどうとかではなく、私自身のストライクゾーンの狭さの問題です。スミマセン……」

 みなさん、こんにちは。婚活応援ライターの大宮です。先月に「お見合いおじさん宣言」をして、さっそく一組のお見合いを実施したのですが、3日後に女性のほうから冒頭のメールが来てしまいました。のっけから不首尾に終わりました。僕、お見合いおじさんに向いてないのかな……。早くも自信を失いつつあります。

 反省を込めて今回のお見合いを振り返りましょう。女性は愛知県在住の小島尚子さん(仮名、36歳)です。中堅メーカーの総合職で、ビールとワインを飲むのが趣味。気立ての良い色白美人ですが、「シュッとした雰囲気で自信がありそうな男性を自分から好きになりたい」という性向があります。

 自信過剰のイケメンは「ダメ男」である危険性が高いし、女性のほうから追いかけたり尽くしたりするとより一層ダメにするよ、と僕は何度か言ったのです。でも、小島さんはあまり聞いていません。

 さらに、「年齢は自分のプラスマイナス5歳が希望」とのこと。あのですね、きちんと働いて稼いでいる男性の31~41歳は「モテ期」に当たります。すでに結婚している、結婚する気がない、シュッとしていない、のいずれかであることが非常に多いですよ。小島さん、あまり聞いていません。

 次に男性です。東京在住で超有名メーカーで働く山田雄介さん(仮名、48歳)の年収はなんと900万円。家事もできるし、健康状態にも問題はありません。離婚歴があるのもこの年齢ならばむしろプラス要素でしょう。

 趣味はテニス、食べ歩き、美術・音楽鑑賞。社交的で女性にも積極的だけれど優しさと品がある男性です。とても素敵だから僕もお見合いをセッティングする気になったのですが、小島さんと同じく山田さんも女性の好みがはっきりしています。

 「子どもがほしいので30代までの心身が健康な女性がいいです。見た目も大事ですね。僕は『白ムチ系』が好み。具体的には、AKBのこじはる(小嶋陽菜)や壇蜜かな」

 この人たち、何を言っているんだろう……。でも、やってみなければわかりません。少なくとも山田さんは小島さんを気に入ることでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。著書に『30代未婚男』(共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)など、電子書籍に『僕たちが結婚できない理由』(日経BP社)がある。食生活ブログをほぼ毎日更新中。読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を東京と愛知で不定期開催。BPnetでの連載「仕事恋愛の理論と実践」、結婚相談所・楽天オーネットでの連載「お見合いおじさんが来た!」も併せてお楽しみください。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ