• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

カップケーキの話題店を総チェック

2014年5月15日

今年の注目度No.1スイーツ! 欧米発の話題店から野菜を使った個性派まで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ここ数年、海外発のスイーツがブームになっているが、2014年の注目スイーツといえば、なんといってもカップケーキ! すでに去年あたりからカップケーキの専門店が増えていることに加え、ニューヨークカップケーキの人気店「マグノリアベーカリー」もまもなく日本に上陸。いよいよブームが爆発しそうだ。定番のNYスタイルから、野菜を使った個性派カップケーキ、故ダイアナ妃ご愛用のロンドン発カップケーキまで、いまやカップケーキも多彩。チェックしておきたいカップケーキ店をまとめて紹介しよう! (※価格は特記がない限りすべて税抜です)。

 まずは、NYスタイルのカップケーキから。

 1軒目は、大人気TVドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の舞台にもなり、ニューヨークのカップケーキブームの火付け役となった「マグノリアベーカリー」。まだ具体的な日付は発表されていないが、6月に、東京・表参道にオープンする。パステル色のバタークリームがたっぷりのった同店のカップケーキは見た目にも華やかだ。

パステル色のバタークリーム・フロステッド・カップケーキがブームのきっかけに。マグノリアベーカリーは現在、アメリカに全7店舗、その他レバノンやドバイなどに6店舗を展開している(※写真はイメージ)。
カップケーキのほかに、クッキー、ブラウニー、チーズケーキ、バナナプディングなど様々なクラシック・アメリカン・デザートを提供。すべて店舗で焼き上げているのが特徴だ(※写真はイメージ)。

 「マグノリアベーカリー」は1996年にニューヨークにオープン。90年代のカップケーキブームを巻き起こし、TVドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』をはじめ、『サタデー・ナイト・ライブ』や『プラダを着た悪魔』、『ゴシップガール』など数多くの人気テレビ番組や映画に登場。いまや、世界中に熱狂的なファンを持つ人気店だ。

 日本の店舗は現在オープン準備中。商品価格など具体的なところは未定だが、日本のマグノリアベーカリーを運営するスイートスター取締役の菊地原悠さんは、「アメリカにはまだまだ日本に紹介されていないデザートが沢山あります! マグノリアベーカリーはそんな新しい発見がいっぱい詰まったお店で皆様をお待ちしております」。うーん、オープンが待ち遠しい!

 続いては、2013年7月にオープンした東京・広尾のカップケーキ店「Mai’s(マイズ)」。NYスタイルをベースに甘さを控えたバタークリームのカップケーキを販売している。

特に人気が高いフレーバー「カップケーキ ストロベリー」(400円税込)。自家製ジャムを使ったいちごの味をしっかり感じられる甘酸っぱい仕上がり。
お店のオススメは「カップケーキ チョコレート」(390円税込)。カカオ70%のチョコを使用した濃厚なクリームとほろ苦いチョコ生地のコンビは、チョコ好きの方にはぜひ試してほしいとのこと。

 「NYを訪れたとき、“これこれ、幸せ!”と言ってカップケーキを頬張る女性の姿を見て、素敵な食べ物だと思いました。日本ではまだ専門店の数も少ないのでカップケーキの美味しさを広めたいと思い、お店を始めました」と言うのは、オーナー兼ベーカーの小川麻衣さん。Mai’sのカップケーキは、よくホイップした100%バタークリームを使っており、濃厚ながら軽い口当たり。きび砂糖を使用した生地は胸やけしづらく飽きのこない味だ。

 幅広い年齢から好評だそうで、とくに女性からは見た目でテンションが上がるという声も多いそう。また、カップケーキは切らずに食べられるので、企業からパーティーフードとして注文を受けることも多いとのこと。たしかにその手軽さもカップケーキの魅力!

かわいらしい店内。ロゴを入れたクッキーをカップケーキにのせるなどのアレンジもできるそう。

 続いては、2014年1月に東京・下北沢に移転オープンした「ニューヨークカップケーキ」。アメリカのカップケーキをベースにしつつも、甘さが控えめなカップケーキが20~30代の女性に人気を集めている。

カップケーキは毎日8~10種類程度作っており、日替わり、月替わり、季節替わりで種類が変わる。人気商品は「マシュマロ」(310円税込/写真右端)、「ラズベリー」(310円税込/写真中央奥側)。
お誕生日用のカップケーキも人気(※要予約)。大切な人の誕生日をカップケーキでお祝いするのがアメリカンスタイル。パーティーを盛り上げるカップケーキタワー(カップケーキをタワーのように飾れるスタンド)のレンタルも可能。

 もともと1997年に東京・明大前にオープンした同店。「1995年のアメリカ旅行中に偶然カップケーキ店に入り食べたところ、美味しく、かわいいカップケーキだったので、是非、日本でやってみたいと思ったのがきっかけです」と教えてくれたのは、同店オーナーの佐々木香里さん。「クリームは着色料を使わず、フルーツやチョコレートなど自然なものを使っています」。自然本来のおいしさを求める人や子どもでも安心して食べられるのが嬉しい。

 次のページでは変わり種カップケーキを紹介。なんと野菜を使ったものも!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ