• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働きママの新常識:妻の実家近くに住まない

2014年5月13日

小室淑恵さんが説く! 「逆転」仕事術 その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 キレイも! キャリアも! ハッピーも!――。日経グループは、働く女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2014」を5月24日(土)~25日(日)、東京ミッドタウンで開催。すべての女性のために役立つ情報を、講演、セミナー、トークショー、展示などリアルの場で提供します。それを記念し、同イベントのゲストの一人であり、先日ベストマザー賞を受賞された小室淑恵さんが説く働きママの「逆転」仕事術について紹介します。

<これまでの常識>
仕事に専念するために、
あなたの実家か会社の近くに住む。

<逆転の常識>

あなたの実家や会社から近すぎる場所には住まない。

小室淑恵さん
ワーク・ライフバランス代表取締役社長。著書に『なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)、『子育てがプラスを生む「逆転」仕事術 産休・復帰・両立、すべてが不安なあなたへ』(朝日新聞出版)など多数。来たる5月24日(土)10:00~10:50にWOMAN EXPO TOKYO 2014(東京ミッドタウンホール)の特別セッションに登場する(事前登録はこちら)。

 妊娠、出産を機に引っ越しを考える方は多いと思います。職場復帰後の利便性を考えれば、職場と自宅は当然、近いほうがいいですよね。あまりに離れていると、定時に退社しても保育園のお迎え時間に間に合わない……ということになってしまいます。持ち家でなければ躊躇なく、職場の近くに引っ越すことをお勧めします。

 ここで注意してほしいのは、引っ越し先を極端にあなたの職場の近くにしないということです。

 夫の職場には遠いけれどあなたの職場からはすぐ、という場所に住まいを移してしまうと、毎日の保育園への送り迎えはもちろん、子どもが熱を出したときなどの急な呼び出しにも100%、あなたが応えることになってしまいます。引っ越し先は、あなたの職場にも、夫の職場にもほぼ同じくらいの時間で通勤できるところが理想です。

 あなたの実家の近くに住めば何かとサポートをしてもらえますが、メリットばかりではありません。

 里帰り出産のときと同様に、あなたの実家の近くに住むことによって、あなたとあなたの両親が子育ての中心となり、夫がどんどん「部外者」になってしまうことが多いからです。近くにいるがゆえに、何かあると最初に自分の母に頼ってしまい、あなたの母親もそれに応える。夫は知らず知らずのうちに育児から遠ざかり、「子どもと接する時間が少なくなる」→「子どもとどう接していいかわからなくなる」→「さらに子育てから遠ざかる」という悪循環に陥ってしまいます。

 適度に実家のサポートを受けることは決して悪いことではありませんが、他にも育児をサポートしてくれるサービスを幅広く知っておきましょう。地域ごとにファミリー・サポート・センターなどの支援サービスがあります。

 どうせ引っ越すなら、子どものためにも郊外に家を建てたいと思う人がいるかもしれません。

 しかし、2~3歳くらいまでは庭付きの家にはこだわらなくてもいいと思います。

 住まいの質や環境については、手のかかる乳幼児期を乗り越えた後、改めて検討することもできるのではないでしょうか。まずはスムーズに職場復帰できる環境を整えることが大切です。「仕事と両立しやすい距離」「保育園の待機児童数から推測して入園しやすい地域」を重視してください。

 小さな子どもを抱えて物件を見学に行くのは大変なので、ぜひ妊娠中から住まいの検討・見学を始めることをお勧めします。

プロフィール
小室淑恵
ワーク・ライフバランス
代表取締役社長

小室淑恵
06年ワーク・ライフバランスを設立。「ワーク・ライフバランス組織診断」や「育児休業者職場復帰支援プログラムarmo(アルモ)」「介護と仕事の両立ナビ」「朝メール.com」などを開発。また携帯電話用サイト「小室淑恵のWLB塾」をリリース。09年よりワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座などを主催、多種多様な価値観が受け入れられる社会を目指して邁進中。プライぺートでは2児の母でもある。

『子育てがプラスを生む「逆転」仕事術』
小室淑恵著/朝日新聞出版/1404円(税込)
「日本人の働き方を変える!」という課題に挑み続ける著者が、ワーキングマザーと予備軍のために書き下ろした1冊。
「産休・育休はブランクではない」「妻の実家の近くに住むな」「原職復帰にこだわるな」「時短勤務は使うな」など従来の常識を覆す仕事術を、自身の体験談とともに伝授する。
「引き継ぎスケジュールとTo Do」「家事・育児ポイント表」など実践に役立つワークシート付き。気になる保育園探しのノウハウも満載。

Amazonで購入する
楽天ブックスで購入する

輝くすべての女性のための総合イベント
「WOMAN EXPO TOKYO 2014」

日時:2014年5月24日(土)~25日(日)
場所:東京ミッドタウン ホールA・Bにて 事前登録すると豪華商品が当たる抽選会に参加できます。
◆詳細はこちらから→ http://expo.nikkeibp.co.jp/woman-expo/

■■ほしいものが見つかる! 手に入る! 変われる! 充実の2日間

<主な講演・セッション>
特別セッション 小谷真生子×小室淑恵×眞崎政義
川上未映子トークショー
藤原美智子トークショー
観月ありさ スペシャルトーク
岸谷 香トーク&ライブ

※事前登録者が多数の場合は、抽選もしくは先着順で当選者を決定いたします。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
小室淑恵
小室淑恵(こむろ よしえ)
株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長。06年、ワーク・ライフバランスを設立。 「ワーク・ライフバランス組織診断」や「育児休業者職場復帰支援プログラムarmo(アルモ)」「介護と仕事の両立ナビ」「朝メール.com」などを開発。また携帯電話用サイト「小室淑恵のWLB塾」をリリース。09年よりワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座などを主催、多種多様な価値観が受け入れられる社会を目指して邁進中。消費増税集中点検会合など複数の委員会・公務を兼任。プライぺートでは2児の母でもあり、充実したワークとライフを過ごす活動的な女性として多くの人から支持を得ている。
関連キーワードから記事を探す
お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ