• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

定番「黒×白」コーデをもっと上達させる

2014年5月10日

あなたがまだ知らない、「黒×白」のバリエーションの着こなしテク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 永遠の王道コーディネートと呼べるのが、ブラック×ホワイトのコンビネーション。今季はトレンドとしても復活。着こなしの幅が広がっているから、この機会に着回しバリエーションを増やしておきたい。膨張色の白を暴走させずに、引き締め色の黒で抑え込む力関係を意識しつつ、春夏らしいライトで涼やかな見栄えに整えるのが、今の手つき。自分に似合う黄金比を見付けて、コーデの頼れる軸に迎えよう。

◆フェミニンリラックス

 黒×白をまとう際、ついついダークな地味めにまとめてしまいがち。常に黒を主体と決め込む必要はなく、春夏シーズンはむしろ白にいい仕事をさせて、暑苦しく見えない、白主役のリラクシングなバランスに整えたい。箱ひだの淑女風上品スカートはボーダー柄の白がマリンのムードを濃くしている。反対に上半身はコンパクトにまとめ、タンクトップでヌケ感を添えた。全体をゆるく仕上げず、ピンヒールとつかみ持ちバッグでレディー感を持ち込んでいる。

 黒と白を上下でバイカラー(2色使い)に分けるのは、ごくスタンダードな落とし込みだが、物足りなく見えやすい。上下それぞれで黒と白を交わらせると、装いに深みが出る。エレガントな白のフレアスカートに、黒ニットを腰巻きして立体感を出した。垂れたニットにくつろいだ風情も備わっている。トップスも黒白レイヤードで単調さを遠ざけた。お腹のチラ見せでヌーディー感を差し込んだ。ところどころから黒と白が顔をのぞかせる巧みなアレンジで視線を散らしている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ