• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

たまにはロマンティックな世界に浸ろう!

2014年5月10日

ベストセラーの映画化「ニューヨーク 冬物語」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 とてもロマンティックな映画と出合いました! 当連載のバックナンバーをチェックすると、このところ、胸がときめくようなラブストーリーをあまり紹介しておらず……(汗)。たまにはみなさんに、ドキドキするような、おとぎ話のようなロマンスに浸っていただきたいと思い、この作品を選びました。

「ニューヨーク 冬物語」
5月16日(金)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー 他 ロードショー
(C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:http://www.ny-fuyu.jp

 1983年に出版されて以来、世界各国で愛され続けている、マーク・ヘルプリンによる大ベストセラー『ウィンターズ・テイル』。全米では、チャールズ・ディケンズ、ガルシア・マルケス、ジョン・アーヴィング、ウィリアム・シェイクスピアといった“巨匠たちの名作の興奮と感動をひとつにした”と賞賛され、現代アメリカ文学の最高傑作と言われる驚異のベストセラーに、「ビューフティフル・マインド」でアカデミー賞脚色賞を受賞したアキバ・ゴールズマンが魅了されました。

 ゴールズマンは、当連載でも紹介し、主演女優のインタビューも掲載した大ヒット海外ドラマ「FRINGE/フリンジ」の監督、脚本、製作顧問を務めたことでも有名で、「ビューフティフル・マインド」のほか、数々の映画の脚本も手掛けてきました。今回、「ニューヨーク 冬物語」で映画監督デビューしたゴールズマン。もちろん、脚本も担当しています。

 幼い頃に両親と生き別れたピーター・レイク(コリン・ファレル)は、ニューヨークの裏社会を支配するパーリー(ラッセル・クロウ)の一味に加わり、悪に手を染める日々を送っていましたが、残虐なパーリーのもとを去ることを決意します。

息子同然に目をかけていたピーターの裏切りを許せないパーリー。

 殺そうと追ってくるパーリーからの逃走資金を稼ぐために泥棒に入った屋敷で、ピーターは美しい令嬢ベバリー(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と出会います。ピーターとベバリーは運命的な恋に落ち、ピーターは初めて生きることの素晴らしさを知ります。

ベバリーの家に泥棒に入るピーター。
ピーターは誰もいないと思っていたが、ベバリーだけが家に残っていた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ