• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“会社にいきたくない!”への処方箋

2014年5月7日

憂鬱な気分を吹き飛ばすコメディドラマ『コミ・カレ!!』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは! 海外ドラマコラムニストの伊藤ハルカです。

この連載では、恋愛、お仕事、ファッション情報たっぷりな海外ドラマの紹介を通じて、

働き女子の日々のモヤモヤを軽くしたいと願っています。

6回目のお悩みのテーマは「会社に行くのが嫌で仕方ない…」です。

▽相談者Hさんのプロフィール△
自動車メーカーに勤める営業職。27歳。独身。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~

【Hさんからの相談内容】
楽しかったGWが終わってしまい、完全に休みシック、実家シックです。とにかく今は会社に行くことが嫌で仕方ありません。朝起きることがとにかく嫌で、休み気分が全然抜けません。夜寝る前も仕事のことを考えると憂鬱な気持ちになるんです…。こんな私に、“会社に行きたくない!”に効く海外ドラマを教えてください。

 Hさんの気持ち、すごーくよく分かります。長いお休みの後は特に会社に行くのが嫌になりますよね。休み明けは100%ワーキングモードにすぐに戻そうとするのではなく、自分のペースでゆっくり戻っていけばいい気がします。そこに戻すまでのお手伝いとしてぴったりな海外ドラマをご紹介させていただきますね。

 その海外ドラマはズバリ……こちらです。

『コミ・カレ!!』

(C)2009, 2010 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

▽作品紹介
 アメリカの「グリーンデール」というコミュニティ・カレッジで起こる日常をコミカルに描いたコメディドラマです。コミ・カレ(コミュニティ・カレッジ)内の男女7人のスタディ・グループのお話で、メンバーは、元弁護士、子持ちのシングルマザー、ダンスパーティーの元クイーン、離婚歴7回の老人など、超個性的。このドラマでは、大きな4年制大学ではなく、地域の2年生大学であるコミ・カレに舞台をおいているので、性別年齢国籍を問わず、様々なバックグラウンドを持った人が集まっているのです。アメリカの学生生活がリアルに描かれており、ストーリーがしっかりと組み立てられていて、お決まりの自虐ネタがたっぷりの、シュールなコメディドラマです。

▽こんなあなたにオススメ
1)会社に行くのが嫌で仕方ないあなた
2)とにかく笑いたいあなた
3)毎日の生活にちょっと疲れたあなた

▽ここに注目して観てほしい!

1)アメリカを代表する名コメディアンたちが大集結
 本作は、アメリカのドラマ・映画界を代表するコメディアンたちが大集結しています。代表的なところとして、まず一人目は、主役のジェフを演じるジョエル・マクヘイル。映画『TED』の極度なナルシスト男レックス役が記憶に新しいところですね。『コミ・カレ!!』では、学歴詐称がばれて資格をはく奪された元弁護士ジェフを演じています。ナルシストでプライドが高いのに、周囲のボケ振り回され、せっかくのかっこつけが台無し、という役どころです。

 二人目は、映画『ハング・オーバー』シリーズで謎の中国人マフィアレスリー・チャウ役で大ブレイクしたケン・チョンです。彼は、本作でスペイン語の教師セニョール・チャンとして出演しています。アジア人なのにスペイン語の教師という何ともシュールな役どころで、『ハング・オーバー』で大暴れしたケンがどのように演じるのかもまた見どころですね。

スペイン語教師の中国人、セニョール・チャン。(C)2009, 2010 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

 最後に、スタディ・グループの最長老のピアースを演じるチェヴィ・チェイス。彼は『サタデー・ナイト・ライブ』へのレギュラー出演で大ブレイクしたコメディアンで、数々の賞を獲得する実力派俳優でもあります。『コミ・カレ!!』では、離婚歴が7回もあり、騙されて入ったカルト宗教で魂のステージを上げることを生きがいにしている、だいぶおかしなおじいちゃんを面白おかしく演じています。

 このように、大ヒットコメディ作品に出演する名わき役たちが集結している本作。ピアースはひたすらボケをかまし、それに振り回されるジェフ。一人でつっぱしるセニョール・チャンの構図は、もうシュール極まりないのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤ハルカ
伊藤ハルカ(いとう はるか)
長年のアメリカドラマ好きが高じ、PR会社やIT系企業で広報を務めるかたわらでアメドラのコラム執筆を開始。年間1500本以上のアメドラDVDを観賞し、『AllAbout』の「海外ドラマ」ガイドを務める。現在は、『海外ドラマNAVI』『オンエアナビ』でも定期的にコラムを執筆している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ