• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今季注目のスポーティールックの操り方

2014年5月3日

スポーツフィーリングの波に乗って、おしゃれに着こなそう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この春夏はスポーティーな装いが世界的なビッグウエーブ。ただ、これまでとは違って、エレガンスやリラクシングといった静かなムードが基調。スポーツ風味は薄くフィーリングだけを乗せるのが、今季らしいまとい方だ。さじ加減がポイントになるだけに、自分流に着こなすには少しイメージトレーニングが必要。初夏を前に操り方を頭に入れておこう。

◆キャップ

 スポーツムードを最も楽にちょい乗せしやすいアイテムは頭にかぶるだけのベースボールキャップ。すでに街で見掛ける頻度が高くなっているが、目立つ位置にあるだけに、本物の野球帽タイプでは、スポーツ感が強く出すぎる。形はそれっぽくても、質感が異なるレザー(フェイクレザー)を選べば、モード感が備わる。白のミニフレアが醸し出すフェミニンと適度なズレ感が生まれる。ショートブーツの軽快なムードも静かなスポーティーを奏でる。

 キャップを深くかぶると、大人っぽい見栄えに。帽子は印象が強いので、それ以外にスポーティーな味付けは不要。アイテムの重ねすぎはかえって今の着こなしトレンドからはずれてしまう。黒のスキニーパンツでシャープなレッグラインを際立たせているのも、「エア(気分だけ)スポーティー」の方向感に沿う。靴はポインテッドトゥ・ヒールでさらに細感を目に飛び込ませて、今年らしいスポーツフィーリングの装いに。手首や足首を自然に露出しているのも、アクティブ感を目に残す小技だ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ