• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子のゴールデンウィーク2014

GW、庭園を望むクラシックな喫茶室へGO

2014年4月29日

GWにお薦めのスポット、リラックスできる喫茶室を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 初々しい緑が日頃の疲れを癒してくれるこの季節。これから夏にかけては、花々も次々に盛りを迎える。こんなときには、日ごろの喧騒から離れ、美しい自然を眺めながらゆったりとお茶を飲みたいもの。実は、全国各地にはそんなリラックスタイムにうってつけの庭園を望むクラシックな喫茶室がある。そこで、青森・東京・京都・長崎から、庭園と雰囲気のある喫茶室を満喫できる5施設をご紹介しよう。

市内人気店のアップルパイも制覇できる、大正浪漫満喫の洋館
藤田記念庭園(青森・弘前)

 多くの地方ではすでに桜は見ごろを終えているが、青森県弘前市では4月23日にようやく弘前公園内の様々な桜の開花予想が発表され、ゴールデンウィークには見ごろを迎える。そして、桜の名所である弘前公園に隣接するのが、藤田記念庭園。弘前市出身の実業家・藤田謙一氏の別邸だった場所だ。大正時代、ここに邸宅を構える際、藤田氏は東京から庭師を招いて江戸風庭園をつくらせたという。総面積約6600坪の大庭園で、園内は高さ13メートルの崖地をはさみ、高台と低地に分かれる。

 高台部は青森県の主峰・岩木山(いわきさん)を望む借景式庭園で、洋館、和館などの建物が建つ。低地部は池の周りに園路を巡らせた池泉廻遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)で、季節によりツツジや花菖蒲などを楽しむことができる。

 高台に建つ洋館は、弘前市を代表する近代建築家、堀江佐吉(ほりえ・さきち)の子孫によるもの。ステンドグラスなど、大正10年~11年(1921年~22年)の建築当時の様子がディテールまで残る洋館だ。

 この洋館にある喫茶室が「大正浪漫喫茶室」。ガラス張りの広い開口部からは、美しく整備された庭が見える。人気メニューはアップルパイセット。「タムラファーム」「洋菓子工房ノエル」など市内の人気店3、4店舗のアップルパイをドリンクとセット(720円)でいただける。店をハシゴしなくても、ここで食べ比べができてしまうのがうれしい限り。

「藤田記念庭園」
住所/青森県弘前市大字上白銀町8-1
藤田記念庭園事務所
 TEL/0172-37-5525
大正浪漫喫茶室
 TEL/0172-37-5690

入園料/310円(洋館のみの見学や喫茶室の利用のみの場合は無料)

【庭園】
開園期間/2014年11月23日まで(冬季は洋館のみ開館、開館日はホームページ参照)
開園時間/通常期 ○9:00~17:00(入場は16:30まで)
     5月6日まで ○9:00~18:00(入場は17:30まで)
休園日/2014年11月23日までは無休

【大正浪漫喫茶室】
営業時間/通常期○9:00~17:00(16:30 L.O.)
     5月6日まで○9:00~18:00(17:30 L.O.)
休日/2014年11月23日まで無休、冬期は現在未定
*開園日・洋館開館日は年によって異なるので、ホームページ参照のこと。

藤田記念庭園ホームページhttp://www.hirosakipark.or.jp/hujita/(弘前市みどりの協会)

洋館は大正中期に建てられた。
洋館内には、ステンドグラスなどディテールまで当時のものが多く残されている。
現在「大正浪漫喫茶室」となっている建物内部。西洋窓からは日本庭園が見え、和洋折衷の大正時代にタイムスリップした気分に。
喫茶室では、市内で人気の3、4店舗のアップルパイを提供。

ユニークなオリジナル菓子を味わえる、都内屈指の名庭園
旧古河庭園(東京・北区)

 東京でこれからの時期、特に人気の高い庭園が、旧古河庭園。園内のバラ園が盛期を迎える毎年5月半ばから6月にかけては、入場するのに長い長い列ができるほど。でも、実はその時期をはずしたゴールデンウィークは、まだそこまで園内は混まないらしい。

 庭園は、洋館(現・公益財団法人 大谷美術館)のある高台部と日本庭園が広がる低地部に分かれる。日本庭園は、平安神宮神苑などを手がけた京都の作庭家・7代目小川治兵衛(おがわ・じへえ)の手によるものだ。一方、バラやツツジを配した西洋庭園と洋館は、鹿鳴館やニコライ堂などを設計したことで知られる英国人ジョサイア・コンドルが、古河財閥の古河虎之助の依頼を受け設計した。庭園、洋館共に大正初期の原形をとどめる貴重な例だという。

 実は、庭園は第2次世界大戦後、比較的早くから都の管理下に入り手入れをされていたが、洋館は英軍が接収し、その解除後は30年間無人のまま放置され「幽霊屋敷」だったという。当時はツタが館を覆い窓ガラスが割れるなど荒れた状態だったが、奇跡的に内部の状態はよく、和室もある和洋折衷のコンドル最晩年の作品を細部にいたるまで味わうことができる。

 大谷美術館の見学には、基本的に事前に往復ハガキによる申し込みが必要だ。しかし、1階の応接室、小食堂、大食堂を利用した喫茶室は見学申し込みをしなくても利用できる。そして、この喫茶室にはユニークな期間限定メニューがある。

 このメニューは、お菓子作家cineca(チネカ)さんが手がけた「stone(ストーン)」という炭をつかった黒っぽいスコーン。大谷美術館の外壁に使われている赤味を帯びた新小松石を模したもので、美術館の女性スタッフのリクエストから実現した大谷美術館オリジナルメニューだ。スコーンには、バラのクリーム、もしくはラムレーズンクリームが添えられるが、これを石材をつなぐモルタルに見立て、コテの形をしたバターナイフが添えられている。

 お菓子は春と秋に期間限定で提供される(春は6月末まで)。同庭園では5月10日~6月8日にかけて「春のバラフェスティバル」が開催されるが、バラ以外にもツツジなどが今の時期は美しく庭園を彩る。優雅な気分を味わうなら、混雑期をはずすのがお薦めだ。

「旧古河庭園」
住所/東京都北区西ヶ原1丁目
旧古河庭園サービスセンター
 TEL/03-3910-0394
公益財団法人 大谷美術館
 TEL/03-3910-8440

入園料/150円
大谷美術館見学料/800円(別途要入園料)

【庭園】
開園時間/通常期 ○9:00~17:00(入場は16:30まで)
     5月6日まで ○9:00~18:00(入場は17:30まで)
     5月16日~25日 ○9:00~21:00(入場は20:30まで)*ライトアップあり
休園日/12月29日~1月1日
*その他、12月~2月には3日ほど午後のみ休園となるなど開園時間には変更もあるのでホームページを要確認。

【大谷美術館】
入館方法/美術館の見学は約1時間のツアーに要参加。基本的に往復はがきにて見学希望日と時間(第1希望~第3希望まで)を書いて申し込む。混雑していない時期(夏期・冬期など)は、当日次の時間に集合すれば見学可能な場合もある。ツアー集合時間は10:30、13:00、14:30
休館日/12月28日~1月4日および夏季・冬季の月曜日(祝祭日の場合は翌日)
*2014年は7月~8月の月曜日、8月12~15日、12月25日~2015年1月1日~4日休

【喫茶室】
営業時間/平日13:00~16:00(L.O.)
     土日祝11:00~16:00(L.O.)
休日/大谷美術館の休館日に準じる(2015年1月2日~3日は喫茶室のみオープン)

旧古河庭園ホームページ
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html(東京都公園協会)

現在、大谷美術館となっているコンドルによる地上2階地下1階建の洋館。春と秋のバラの季節に来場者が集中するという旧古河庭園だが、この時期以外にも季節によりチューリップやツツジの花などが楽しめる。
西洋式庭園。
喫茶室として使われている大谷美術館内の大食堂。現在は再現できないという天井の細工も見事。空いている時期には、手入れの行き届いたクラッシックな洋室でゆったりと読書をして過ごすこともできるそう。(写真=cineca) 
洋館の喫茶室では、期間限定で上のようなcinecaさんのスコーン「stone」が紅茶またはコーヒーとのセットでいただける(1650円)。(写真=cineca)
スコーンは洋館外壁に使われている新小松石を模したもの。現在はほとんど採れない貴重な石材だそう。(写真=cineca)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ