• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

プロポーズをする男、しない男

2014年5月1日

既婚男性たちがプロポーズ(結婚)を意識した瞬間とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 お付き合いが順調に進んでいるパートナーとそろそろ結婚したいな…と思っても、自分から「結婚したい!!」と伝えられる女性は多くはありませんよね。そんな中、周りの友達は結婚していき、自分だけ取り残されている感じがして、やきもきしている女性もいらっしゃるのでは? 「彼がプロポーズをしてくれない」、その原因はどこにあるのでしょうか?

いまどきプロポーズ事情にみる男性心理

 突然ですが、皆さんは「プロポーズはあるべきもの」とお考えでしょうか? また、「プロポーズは男性からするもの」と思っていますか?

 「結婚をするなら、結婚前にプロポーズがあるのは当たり前。そして男性からしてほしい!」と思っている女性の方が多いことでしょう。

 既婚男性300人のアンケートデータ ※1によると、「プロポーズした」人は7割以上、一方プロポーズはしないで結婚する人も2割以上います。「プロポーズは絶対!」と思っている方には驚きの結果かもしれません。私の周りでもプロポーズはなしで、デートも兼ねて結婚式場探し、そのまま結婚、というパターンも少なからずあります。つまりプロポーズがないからといって、結婚の見込みがないというわけではありません。

<既婚男性300名アンケート>

 プロポーズをする男性は、サプライズ演出が日常に取り入れられている人、つまり「プロポーズ」へのハードルをあまり高く感じていないような人が多いです。

 たとえば、周りにもお祝い好きな男性はいませんか? 仲間内でもサプライズ演出を日常的にしているような彼は、プロポーズという人生のけじめのときにも、最高のサプライズをしてくれる可能性が高いです。

 また、プロポーズをしない人の中には、授かり婚のカップルがいます。現在、結婚する4人に1人は授かり婚という時代なので、プロポーズする間もなく入籍して出産を迎えるというケースもあります。

 他にも「プロポーズしようと思っていたけど、タイミングがなかった…」と後悔している男性もいます。そんな方が多いからでしょうか、最近の結婚式では、サプライズの演出としてゲストの前で新郎が改めて新婦にプロポーズする、なんていう素敵な演出もあるんですよ。

男性の背中を押すのは、わかりやすいきっかけ&シチュエーション

 プロポーズのタイミングやシチュエーションですが、タイミングで多いのが「彼女の誕生日」「クリスマス」などイベント時、シチュエーションは「旅行先」「自宅」「車の中」です。

<プロポーズのタイミングとシチュエーション>
ディズニーランドにデートした日に、品川プリンスホテルに予約をして、彼女がシャワーから戻った時に、ワインや照明を暗くして、「結婚してください」と言った。(39歳)

クリスマスイブの夜、某ホテルのチャペルを貸し切り、彼女の年齢と同じ本数の赤いバラの花束と指輪、そしてプロポーズの言葉を贈った。(26歳)

年に1度は海外旅行に行っていたので、フランスのモンサンミッシェルに行った際に、うっすらと霧がかったモンサンミッシェルをバックに、「結婚して下さい」と言った。(29歳)

クリスマスに、ランチしたレストランでプロポーズしようとしたが、言えなかった。その後もなかなか言い出せず、夜、一人暮らしの彼女の家に帰って、プロポーズした。(30歳)

喧嘩して仲直りした翌朝、彼女が起きたときに結婚しようと言った。(28歳)

車の中でクリスマスの日にプロポーズしました。(31歳)

 タイミングやシチュエーションの調査結果を見ると、プロポーズをするのに男性は「わかりやすいきっかけや雰囲気」を重視していることがわかりますね。人生の節目をしっかりと思い出に残る形にしてあげたいという想いが、タイミングやシチュエーションにこだわる理由になっています。

 また、きっかけという意味では、プロポーズ前に転勤・異動・転職などの生活の変化が将来設計を考えるため、結婚を意識する大きな要因になったという声もありました。生活の変化が起こりそうなときにこそ、2人で真剣に将来のことを話し合うと良い進展があるかもしれません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
作間友幸
作間友幸(さくま ともゆき)
株式会社ウエディングパーク取締役兼メディア本部長
2002年に都市計画コンサルタント会社に入社。その後04年にサイバーエージェント入社、100%の子会社であるウエディングパークに営業として出向。営業本部長、事業戦略室室長、メディア本部長を経て、09年に取締役就任。現在は、全社の組織マネージメント・人材育成など及び、メディア部門(結婚準備クチコミ情報サイト「ウエディングパーク」、海外挙式情報サイト「リゾートウエディングFelicita(フェリチタ)」)の責任者を担当。プライベートでは25歳の時に結婚をし、今年で結婚11周年を迎える。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ