• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

彼の家を初訪問! 挨拶マナーや手土産は?

2014年4月24日

【特別篇】大人の女性必読 両親挨拶時のダンドリ&マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、ウエディングパークの千葉と申します。私は結婚式マナーや、結婚式準備に関するダンドリ本の監修、セミナーの講師などをしているのですが、多くの方がお互いの両親への挨拶についてお困りのようですね。もうすぐゴールデンウィーク。連休中に、彼のご両親に挨拶をされる方も、多いのではないでしょうか? みなさんもご存じの通り、人付き合いは第一印象が大事。しかも大切な人のご家族ならなおさらです。ご両親もあなたの立ち振る舞いを通して、「どんな女性なのか」をチェックするでしょう。今回は【特別編】ということで大人の女性だからこそ押えておきたい、彼のご両親への結婚挨拶のダンドリとマナーについてご紹介したいと思います。大事なシーンで赤っ恥! なんてならないように、ぜひダンドリ術とマナーをしっかり身につけましょう。

【Step1】
結婚が決まったら、まず両親へ報告。挨拶の日取りを決めて

 彼からのプロポーズ、ついに私も結婚! と心が躍ってしまいますよね。お互いに結婚の意志を確認したら、お互いの両親に挨拶…という事まではわかっても、具体的なダンドリやマナーがわからないなんて方も多いのではないでしょうか。

 まず結婚の意志をお互いに確認したら、両親へ挨拶に行きましょう。挨拶の順番は基本的にまず女性側の両親へ挨拶、そして男性側の両親へ挨拶が一般的です。挨拶の日程調整は2~3週間前を目安に連絡し、ご両親の都合に合った日程にすることと、お盆やお正月は、来客と重なるかもしれないので事前に確認するのがマナーです。また日取りの連絡は、挨拶日直前の連絡や、早朝や夜遅くの時間帯は失礼にあたるので気をつけて下さいね。挨拶の時間帯ですが、食事の準備の手間をかけないようにお昼過ぎの14時頃がベスト。万が一「食事も一緒に」と申し出があった場合、親しくなるチャンスですので、素直に受けましょう。

 可能であれば自分の出身地、仕事内容や趣味などの情報は彼を通じて事前に両親に伝えておいてもらうと当日のお話がスムーズに進みます。また、あまり触れてほしくない内容(離婚歴や持病など)があれば、どのタイミングで伝えるのか、これも事前に彼と話し合った方がベターですね。

 結婚は2人だけの事ではないので、日取り決めや結婚式場探し等は両家へのご挨拶が終わってからスタートさせましょう。

【Step2】
挨拶の事前準備もマナーの1つです

 訪問前にきちんと準備をしておくこともマナーの1つ。当日バタバタしないように、余裕をもって当日の挨拶に臨みましょう。

■「身だしなみ」は、清潔感のある服装を心がけて
両親へ良い第一印象を持ってもらうためまず心がけなくてはならないことは、身だしなみ。女性は品のあるワンピースが無難でしょう。胸元が大きく開いていたり、スカート丈が短か過ぎるモノは避けて。そして忘れがちなのは足元。パンプスもしっかり磨いておきましょう。特にこの春はフラットシューズが流行っているようですが、可能であれば少しヒールのあるものの方が、フォーマル度が上がるのでおすすめです。ピアスや指輪は高価すぎたりジャラジャラと派手すぎたりしなければOK。すっかり定着したネイルも派手な色やアートは厳禁。長さも適度な長さにしましょう。メイクはナチュラルで。最近は茶髪も問題ありませんが、あまりにも明るいヘアカラーはマイナスイメージになりますので、要注意です。また、ストッキングは途中に伝線してしまうことも考慮し、予備を一足用意しておくことが賢い女子のマナーですね。

■「手土産」は印象アップのためのポイントに
初めて訪問する際は「手土産」を持参するのが大人のマナー。事前に両親の好みをリサーチしておくと良いでしょう。家族の人数分が入っている3,000円~5,000円のものがいいですね。両親が住む近所で購入するのは厳禁。値段がわかってしまう上に、間に合わせて買ってきたと誤解されかねません。渡す際には「○○がお好きだとお伺いしまして」や「今、話題になっている商品で…」など、一言付け加えると更に印象がアップします。

■二人で当日のシミュレーションを
当日に想定外の質問をされて慌てないように、事前に二人で当日のシミュレーションをしておくことをオススメします。特に二人の将来設計については事前にすり合わせしておくと、良いでしょう。「仕事は続けるのか」「家はどうするのか」「両親との同居はOKかNGか」など、特に意見が分かれそうなことに関してはよく話し合っておきましょう。念のため、反対された場合にどう対応するかを考えておくことも、その場で焦らないための事前準備となりますね。万が一反対された場合、その理由を聞き、「本日はこれで失礼しますが、近いうちにまたお伺い致します」と結婚の意思は変わらない事をしっかり伝えておきましょう。そして最後に「呼び名」。普段はニックネームや下の名前で呼び合っていても、最初に挨拶に伺った時は、両親の前で「○○さん」と下の名を「さん」付けで呼びましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
作間友幸
作間友幸(さくま ともゆき)
株式会社ウエディングパーク取締役兼メディア本部長
2002年に都市計画コンサルタント会社に入社。その後04年にサイバーエージェント入社、100%の子会社であるウエディングパークに営業として出向。営業本部長、事業戦略室室長、メディア本部長を経て、09年に取締役就任。現在は、全社の組織マネージメント・人材育成など及び、メディア部門(結婚準備クチコミ情報サイト「ウエディングパーク」、海外挙式情報サイト「リゾートウエディングFelicita(フェリチタ)」)の責任者を担当。プライベートでは25歳の時に結婚をし、今年で結婚11周年を迎える。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ