• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「日経ヘルス」記者が試して納得

野菜の作りおきレシピ13にハマるっ!

2014年4月17日

ほんのちょっとの手間で食卓200%の充実度

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ヤバい。ヤバ過ぎる……5月号の『日経ヘルス』の表紙には「魔法の食べ方&飲み方」って書いてあるけど、これって「自分の悪い“食べグセ”」を自覚することがスタートラインなのだ。問題の食べグセにはいろいろあるんだけど、大きく分けて4つ。

●お菓子食べタイプ

●夜遅食べタイプ

●肉・魚不足タイプ

●隠れアレルギータイプ

 最近、特定のフルーツを食べると食後に気持ち悪くなったりするので「隠れアレルギー」はかなり気になる。でも、それ以上に「お菓子食べ」と「夜遅食べ」は完全に図星だ。しかも、ここ1週間を振り返ると、「夜遅くお菓子を食べる」最悪パターンも少なくない。

 ということで、今回の試食は「お菓子食べタイプ」と「夜遅食べタイプ」のお助けメソッド「腸がきれいになって肌も若返る! 野菜の作りおきレシピ13」に自ら手を挙げてみた。編集部でメルマガ担当のH野記者が「そうだろう、そうだろう」とニヤニヤしていると思うとちょっと悔しいが、まぁ、自分のためだから、とにかくやってみる!

 まずは野菜の買い出し。1つのレシピで使う野菜は、たった1つ。ゴボウ、ニンジン、カブ、レンコン、タマネギ、ほうれん草、ブロッコリー、カボチャ、大根、キャベツ、青ジソ、モロヘイヤ、パプリカの13種類の中から選ぶ。やっぱり甘くておいしいニンジンとカブは買うよね。それから、料理に使っても、いつも半端な感じで余らせてしまうパプリカ、家にゴロっと1個あって、持て余していたキャベツ。今回は、この4種類でいこう。

【野菜の作りおきレシピ】

 カブは食べやすい大きさに切って塩を振って混ぜる。これだけ。ニンジンは細切りにして、オリーブオイルと塩をかけて混ぜ、蒸す。「電子レンジを使う場合は……」と書いてあったので、迷わずチン。庄司いずみさんのレシピは簡単という評判を聞いてはいたけれど……本当に簡単だぁ。

 パプリカは細切りにしてオリーブオイルと塩で炒める。キャベツは、オリーブオイルとニンニクを加えたお湯でゆでるので、パプリカのフライパンにそのまま水を入れて沸騰させた……さらに手抜き。こうして、あっという間に野菜の作りおきおかずが4種類できてしまった。

 今回はレシピに「あえ物や即席ピクルスに」「洋風ソテーや煮物に」などアレンジのヒントが書いてあるので、そっちも楽しみにしていた。カブをササッと炒めるとおいしいもん。「ちょっとお酢かけて」とか「ゴマペーストであえて」とか。アレンジいろいろ、ワクワクだ。

 それなのに、アレンジするまでもなく食べてしまった。基本の味がうますぎて、全然飽きないのだ。最初に作った分は、アレンジなしでほぼ完食。素材それぞれに調理法が違い、火の通り加減や油の絡み具合も絶妙。素材の味が引き立っているので、そのままワシワシ食べてしまう。すごいね、庄司さん。

【もう一度作ってストックに】

 改めてストック用に作ってみたが、これは本当に便利。朝の時間のないときに1分で作るハムサンドにニンジンとキャベツをプラスすれば、魔法のようにヘルシー&おいしい度がアップ。軽く温めてゆで麺の上にドサッと載せれば、野菜タンメン風に。とにかく毎食しっかり野菜が食べられる。

 正直、いくら「体にいい」と分かっていても、疲れて帰る電車の中で、スーパーに寄ってパプリカを買って、切って、炒める……というダンドリを考えるのはダルい。だから、駅前のコンビニに寄って「いいや、煎餅でもかじっておこう。シュークリーム買っちゃおうかな」になってしまうのだ。

 これが「冷蔵庫に野菜ストックがある」と思うと、「全種類入りでスープかけご飯にしようかな」とか「ニンジンとキャベツは温かいおかずにして、パプリカはカッテージチーズと合わせてサラダにしようかな」とか、気持ちが「健全食生活」方向に動く。なんかこれ、いいんじゃないの?

 週末1回スーパーで野菜を買って、半調理しておく。それだけなんだけど、コンビニに行く回数は半減したと思う。「コンビニ魔人」と呼ばれる私、このままいくと真人間になれちゃう日も近い?

おいしい度: ★★★★
ヘルシー度: ★★★★
食生活健全化した度: ★★★
(★四つで満点)

 くわしくは「日経ヘルス」2014年5月号P40「腸がきれいになって肌も若返る! 野菜の作りおきレシピ13」を読んでね。

文=竹島ぽてち

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ