• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今の時代に女性が結婚できない理由とは?

2014年4月18日

「人生を共に歩むパートナーがほしい」の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 初めまして。コラムニストのひかりです。この連載では、読者アンケートの数字から、働き女子の恋愛・結婚事情のリアルを読み解きます。第1回目のテーマは「いまの時代に女性がなかなか結婚できない理由とは?」です。

 2008年度・2009年度の流行語大賞にノミネートされた“婚活”という言葉は、すでに流行語ではなく日常会話に定着しています。結婚するための活動をする人が増えた(=現代は結婚しにくくなった)、と言えるでしょう。

結婚したい人、76.5%

 「結婚・恋愛に関するアンケート」を実施したところ、未婚者の中で結婚したい人は、76.5%という結果になりました。多くの読者に結婚願望はあるんですね。さらに、「何年後までに結婚したい?」という質問に対しては、「半年以内」10.3%、「1年以内」27.1%という回答を超えて、一番多かったのは、「3年以内」43.9%でした。
 この数字から見て感じ取れるのは、結婚を現実的にとらえて目指している人は4割弱で、逆に「今すぐに結婚したいわけではないけど、そのうちには……」と思っている人は4割強いるということです。

現代の女性が結婚相手に望むものって?

 では、結婚願望のある女性が結婚したい理由には、どういうものがあるのでしょうか?
 一番多かったのは、「人生のパートナーがほしいから」51.4%。逆に予想外に少なかったのは、「子供がほしいから」19.6%。さらに、「老後が心配だから」3.7%、「世間体が気になるから」2.8%、「結婚しないといけないと思うから」0%という結果でした。

 この結果だけで見る限りでは、現代の女性は、結婚には「人生を一緒に楽しめる相手」を望んでいると言えます。極端なことを言ってしまえば、別に結婚しなくても、老後は自分でも何とかする。世間体もそんなに気にしない。何が何でも子供がほしいわけでもない。そんなことよりも、「人生を共に歩むパートナー」を強く望んでいるから、結婚したいということでしょうね。

 だからこそ、結婚相手が見つかりにくいとも言えます。単に経済力がある人を望むのであれば、年収という条件がはっきりしていますが、「人生を一緒に楽しめる相手」となると、相性もあるのでそう簡単に出会えるわけではありません。さらに年齢を重ねれば重ねるほど、自分なりの楽しみ方を知っている人が多いので、お互いに折り合いをつけられる相手を探すことが難しくなってきます。

 でも、これは決して悪い傾向ではありません。多くの人が世間体や一般論に振り回されるのではなく、自分の人生をより楽しむ方向に進みたいと思っていることの表れだからです。

理想を求めすぎていない?

 ただ、一つ注意点があります。「人生を一緒に楽しめる相手」を探す時に、中には何でもかんでも相手に求める人もいます。たとえば「彼と一緒にいると幸せだけど、会話が少ない」とか「趣味が合わない」など。でもすべてのことを彼と楽しもうとすると、そんな理想通りの人はそうそういません。

 彼と一緒に楽しめないことは、彼以外の人と楽しめるようにすることも大切です。自分が「ここだけは譲れない!」というポイントの相性が合うのであれば、それ以外のことには目をつぶりましょう。口下手の彼であれば、会話は友達と楽しめばいいし、趣味が合わなければ、休日の2日のうち1日は、別々で過ごして、それぞれの趣味を楽しむといった具合です。逆に相手の趣味が自分に合わなくても、好きに楽しませてあげる寛容さも大切です。お互いに気持ちよく過ごせるためのルールを作って、折り合いをつけていきましょう。

相手を受け止められるような愛情を!

 相手の存在を自分の人生のオプションのように考えてしまうと、相手が自分の理想と少しでも外れていると「やっぱり彼じゃないかな?」と思いがちです。自分では気づいていなくても、結婚を“自分の人生を快適にするオプション”くらいにしか思えていない人は、意外と少なくありません。

 そういう人は、結婚相手を探す前に、人を愛した方がいいでしょう。本当の愛情は、「ありのままの相手を受け止め、相手の成長を願うこと」です。

 そんな愛し方をしたとき、相手が理想通りではなくても、一緒にいると幸せになれます。そして、その幸せのためなら、どんなに障害があっても乗り越えようと思えます。

 単に理想の相手を探すだけではなく、人をきちんと愛せる女性になりたいものですね。

<アンケート概要>
実施期間:2014年3月14日~3月25日(日経ウーマンオンライン上で実施)
有効回答数:209
年齢:20~24歳 4.3%、25~29歳 28.2%、30~34歳 22.0%、35~39歳21.1% 40歳以上 24.4%

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ひかり
ひかり
コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジのコラム連載をきっかけにコラムニストに。フリー記者としても著名人インタビュー、グルメなどを取材(本名で活動)。近著に『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)。ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」は40万PV/月を獲得している。ネット番組:「ホンネのOL“婚活”日記TV」/メルマガ:「ホンネのOL“婚活”日記 番外編」
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ