• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こころのトリセツ

泣きたくてたまらないときは

2014年4月7日

泣くことは生き延びるための表現手段!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 陸上自衛隊初の心理幹部として、衛生科隊員たちへのメンタルヘルス教育や、自殺防止、カウンセリングなどを行う下園壮太さん。自衛隊員はときに過酷な任務で極限の心理状態に置かれることがありますが、それをコントロールしたり、メンテナンスする方法を教えたりするのが心理幹部の役割です。こうした自衛隊でのノウハウは、普通の生活をしている人のメンタルマネジメントにも役立つヒントがいっぱい。下園さんの著書「自分のこころのトリセツ」の中から、働く女性が抱えるリアルな悩みに寄り添う解決のポイントをテーマにわけて紹介します。

 泣いても誰も助けてくれない。自分でやるしかない。だったら、泣いているよりも、目の前の問題に対処することにエネルギーを注がなければ……。こんなふうに「涙を流すこと」を自分に禁じている人は多いかもしれません。しかし、泣くことには悲しみを静め、気持ちを楽にする大きな力があるのです。

 「泣く」ことについて話をする前に、動物にとっての「鳴く」ことの意味から考えみましょう。

 鳴くことには、敵を威嚇するなどさまざまな役割がありますが、大事なのは「自分はここにいます」とアピールする手段でもあることです。巣の中にいるヒナ鳥は、鳴いて自分の存在を主張しなければ食糧を与えられず、自分より大きく育ったヒナの仲間から蹴落とされる危険もあります。つまり、「鳴ける」かどうかは、生き延びられるかどうかを意味するくらい、重要な能力なのです。

 同じように、人間の「泣く」ことも、生き延びるための表現手段です。痛いとき、苦しいとき、ショックを受けたときに泣くことは、原始のころから自分のピンチを周囲に知らせ、援助を受けるための救難信号でした。

 よく「涙は女の武器」などと言いますが、他人の泣く姿を見て生じる「守りたい」という気持ちには、男女差はありません。泣いている子どもを放っておけない、大人が流す涙に事態の深刻さを理解する、というふうに、私たちの本能は、涙に揺さぶられるようにできています。

 ピンチを表現する手段ですから、うつ状態のときにも、涙をひんぱんに流すようになります。本来は泣くような状況ではなくても、ほんの少しの刺激で涙がこぼれる“涙腺故障”が起こる。最近涙もろくなった、というのも、うつ症状を察知する大きなサインとなるのです。

一人で泣くよりも、受け止めてくれる人の前で

 涙には「うれし涙」もあります。こちらはちょっとメカニズムが異なります。うれし涙は、危険や緊張の状態が解除されたときの「快」の涙。緊張から解放されたとき、人は自然と「はぁ~、よかった」「やった~!」などと声を出しますが、これは本能的に、仲間に危険が去ったことを伝える信号としての表現です。危険を知らせるときよりも緊急性は少ないので、ゆっくり、じわーっと出てくることが多いものです。

 悲しみの涙に話を戻しましょう。涙を流すと、自分のピンチを伝えられるし、助けてもらうチャンスを得ることができる。だから、張りつめていた気持ちがほどけ、少し楽になることができます。

 おそらく20年ほど前の女性は、今よりももっと上手に、涙をストレスコントロールに使うことができていたのかもしれません。しかし、現代女性は、男性社会で強くあろうとがんばっている人が多い。泣けば弱みを見せることになる。それに、簡単に涙を見せることに対する同性からの反発も強い。だから、なかなか自然に泣くことができなくなっている人が多い、とカウンセリングの場でも感じています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ