• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大人女子が楽しめるポップなミステリー

2014年3月29日

「サンブンノイチ」品川ヒロシ監督&藤原竜也さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 人生の落とし穴。「自分が悪い誘いに引っかかるわけがない」と思っていても、ちょっとした誘惑や甘いわなは、どこに潜んでいるか分かりません。軽い気持ちで何かに手を出してしまったり、何かにハマってしまったり。気が付いたら大きな借金を抱える羽目になり、恐ろしいことに巻き込まれ……。そんな人生の落とし穴とは、一生無縁でいたいですよね!

 今回、紹介する作品は、崖っぷちに立たされ、大金が必要になった3人の男と、1人の美女が、どん底からの一発逆転を狙うジェットコースター・クライムムービーです。

「サンブンノイチ」
2014年4月1日(火)エイプリルフール ロードショー
(C) 2014『サンブンノイチ』製作委員会
監督・脚本:品川ヒロシ
原作:木下半太『サンブンノイチ』(角川文庫刊) 角川文庫創刊65周年記念作品
出演:藤原竜也、田中 聖、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
   中島美嘉、窪塚洋介 池畑慎之介☆、木村 了、哀川 翔(特別出演) ほか
配給:KADOKAWA 吉本興業

公式サイト:http://www.sanbunnoichi.jp/

 キャバクラ“ハニーバニー”の店長シュウ(藤原竜也)、ボーイのコジ(田中 聖)、常連客の健さん(小杉竜一)は、それぞれお金に困っており、協力して銀行強盗をすることに。どうにか成功させた3人は、手に入れた数億円もの大金を3分の1ずつ分け合うはずでしたが、そのお金を狙っているのは彼らだけではありませんでした。

3人の間でも仲間割れが始まる!?

 “ハニーバニー”のナンバー1キャバ嬢・まりあ(中島美嘉)や、“闇の帝王”と呼ばれるオーナーの破魔翔(窪塚洋介)、裏社会を牛耳る“川崎の魔女”こと渋柿多見子(池畑慎之介☆)らがシュウたちに絡んできて、お互いにだましだまされ、裏切り合い、大金を奪い合います。最後に勝って、大金を手にするのは一体誰なのでしょうか……?

敵に回したら恐ろしい金貸しの渋柿(右)と、キャバ嬢のまりあ。
破魔翔は自分に逆らう相手には容赦なく制裁を下す。

 人気シンガーで、女優としても活躍する中島美嘉さんが、「えっ、こんな役を演じちゃうの!?」という役柄を、体を張りつつ、キュートに好演しています!

 本作を監督した品川ヒロシさんと、主演の藤原竜也さんにインタビューし、映画「サンブンノイチ」の魅力をたっぷりと語ってもらいました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
清水 久美子
清水 久美子(しみず くみこ)
メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなす。メーカー退職後は、パソコン誌の編集部に就職し、その後フリーライターに。ペット雑誌、医療誌、主婦向け雑誌、タウン誌などで執筆を重ね、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、海外ドラマ・映画・音楽の記事を主としたライターへと転向。雑誌「SCREEN」「日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial」や、WEB「日経DUAL」「TVグルーヴ・ドット・コム 清水久美子のライターズ・プレイス」「クランクイン!」などにて執筆中。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ