• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こころのトリセツ

怒りたいのに、怒れない

2014年3月31日

怒り下手は無力感が高まり、かえって誤解を生むことも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 陸上自衛隊初の心理幹部として、衛生科隊員たちへのメンタルヘルス教育や、自殺防止、カウンセリングなどを行う下園壮太さん。自衛隊員はときに過酷な任務で極限の心理状態に置かれることがありますが、それをコントロールしたり、メンテナンスする方法を教えたりするのが心理幹部の役割です。こうした自衛隊でのノウハウは、普通の生活をしている人のメンタルマネジメントにも役立つヒントがいっぱい。下園さんの著書「自分のこころのトリセツ」の中から、働く女性が抱えるリアルな悩みに寄り添う解決のポイントをテーマにわけて紹介します。

 相手に対して抗議をしたいと思っても言葉にする勇気がなく、いつもじっと我慢するだけ。怒るのがすごく苦手な「怒り下手」の人がいます。怒りをうまく表現できない人は、どこかで自分の中に「怒ることはいけないこと」というルールを持っているようです。その考え方は一方では正しいのですが、あまり強すぎるのも問題です。

 まず、怒りの悪い側面を考えてみましょう。

 たとえば、「過剰に表現されてしまう」こと。もともと怒りという感情は、人間が原始人だったころ、縄張りを脅かされたり食糧を奪われたりすることを防ぐために、相手を「威嚇する」目的で発動されていました。

 相手を怖がらせ、追い払い、自分の命を防御するための、非常にエネルギーの強い感情、それが、怒りです。しかし、現代ではそんな「生きるか死ぬか」の状況は少なく、実際には急に仕事をふられたり、上の階で大きな音がしたり、といったレベルでも怒りの感情がわっと発動してしまいます。出来事に比べて、多くの場合、過剰な攻撃です。このため怒りっぽい人は人間関係を崩しやすいのです。

 さらに、怒りは「自分の体を痛める」という特徴を持っています。最近の研究によって、高血圧や腰痛は、怒りと関わりが強いことがわかってきました。小さなことにもカッカッと怒っていると、結果的には体の不調を引き起こします。また、女性は威嚇されたり戦闘状態になったりすることへの、本能的恐怖心が大きいのです。もしかしたら逆ギレされるかもしれない、という自衛心が働くと、怒りをその場で抑え込んでしまいがちです。

 このように、怒りは昔から「抑えるべきもの」とされてきた歴史があります。また、実は怒りには自制以外にも強力なブレーキがかかります。それは「恐怖」です。怒りをぶつけるということは、死をかけた戦いになる可能性があるということでもある。だから、怒りを発動するのは、基本的に怖いことなのです。

怒りを抑え込みすぎると自信がしぼんでしまう

 このようにお話を進めると、「怒ることにはなにもいいことはない」と思ってしまいそうですが、かといって怒りを我慢しすぎるのもよくないのです。

 怒りを抑えることを繰り返すと、やがて「私はどうして抗議ができないの?」と、無力感が高まり、自分を責めるようになります。

 怒りの感情はかなり強いので、それを抑え込むには、かなりのエネルギーを必要とします。だから、心身のエネルギーが失われ、うつ状態になることもあります。これでは結局自分の心を痛めてしまう。すると、人との対峙や勝負ごとからどんどん身を引くことになり、自信を失ってさらに怒れなくなる。これでは悪循環です。

 自分を守るためには、ときには戦うことだって必要です。怒りを感じたときは、「上手に表現する」ための練習をしましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ