• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自分の部屋で家事をされると彼はどう思う?

2014年3月21日

彼の家にお泊りするとき、家事はどこまでやるべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「女性の恋の実態」も「男性の気持ち」も知り尽くした失恋ホスト集団・桃山商事が、女性からよく受ける相談や、読者から寄せられた相談、最近耳にした話などを取っ掛かりに、男性の心理、本音、実態を紹介しつつ、働き女子たちのために、幸せな恋愛・結婚を手に入れる方法を話し合います。

本日の相談
彼のマンションにお泊りするとき、家事はどこまでやればいいの?
付き合い始めたばかりの彼のマンションに泊りに行くとき、家事はどのくらいやるのがいいのでしょうか? 今までは、料理と後片付けくらいをやっていました。彼に聞くと、それ以外の家事はやらなくていいと言うのですが、洗濯物が溜まっていたり、部屋が散らかっていたりすると気になります。彼は特にきれい好きでもなく、汚くしているわけでもなく、ごく普通です。やらなくていいと言われているのに、洗濯や掃除をするのは、男性は嫌なものですか? それとも、気が利くと思われて好印象なのでしょうか? やってあげたら嬉しい家事と、やられたら嫌な家事を知りたいです。個人差があると思いますが、男性の本音を聞かせてください。(24歳)

家事をされること、男はどう思う?

森田 家事をやってもらうことに関する「男の本音」ということで、まずは我々の個人的な実感から考えてみたいんだけど、佐藤広報はどう?

佐藤 ひと口に家事といっても、いろいろありますよね。料理とか、洗濯とか、掃除とか。私としては、料理はうれしいけど、掃除や洗濯はちょっと困るって感じでしょうか。

清田 それは何で?

「彼の家で家事をやるすぎるのは、いろいろな意味でリスクが多いかも」と語るメンバー。桃山商事は、二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。初の著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が2月20日に発売。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事

※このコラムでは皆さまからの質問や相談を募集しています。相談がある方は日経ウーマンオンライン 問い合わせフォームにその内容をご記入ください。

佐藤 料理はイベント的なとこがあるけど、掃除や洗濯って、日常生活に密着したものじゃないですか。彼女にモノをまとめられたりすると、生活空間を支配されているような気分になる。何というか、「これはこう置いて」って指示されてるような感じがしちゃって……。

清田 なるほど。後に形が残るような家事は、感覚のズレが見えやすいのかもしれないね。そういや佐藤広報は、以前我々のネット番組「二軍ラジオ」で、洗濯物にまつわる自分のエピソードを紹介してたよね。

森田 彼女が畳んでくれた洗濯物を、「やり方が違う」と言わんばかりに目の前でこれ見よがしに畳み直したという、最高に感じの悪いエピソードでしたね(笑)。

佐藤 あのときの私は最悪でした。彼女、申し訳なさそうに「ごめんね」と言ってて……。何て嫌味なことをしてしまったんだろうと、あとになって猛省いたしました。

清田 カタチ的には、相手の好意を否定することになっちゃうもんね。彼女からしたら傷つくだろうなあ。

森田 俺は自分のやり方にこだわりはないんだけど、彼女に掃除されるのはちょっと恥ずかしいって感覚がある。「あなたの部屋は汚い」って言われてるよう気がするんだと思う。だから彼女が来るときは自分できれいにしておくかな。

清田 理由はちょっとちがうけど、僕もかなり抵抗感あるかも。客商売をしている家に育ったせいか、来客はもてなすべき存在だと思っている節があって。だから、彼女には何も気にせずくつろいでいてほしいと思ってしまう。家事をやってもらうなんて申し訳なさすぎるわ……。

森田 一方で、彼女に家事をやってもらいたがる男子だってもちろんいる。というか、こっちの方が多数派かもしれない。とある男友達は、週末泊まりに来る彼女に家事を全部やってもらうと言っていた。

清田 僕の友達にもそういうタイプ結構いたわ。土曜日に彼女が泊まりに来て、日曜日にたまった掃除や洗濯を一気にやって、しかも帰るときにゴミをまとめて玄関に置いていくらしい。「明日の朝、出勤するときちゃんと出すのよ」って言って。

佐藤 まるで母親だな……。

清田 でもさ、その友達は彼女と付き合う前だってずっと一人暮らしをしてたわけですよ。そのときは普通に一人で家事をやっていた。それが不思議で、何で彼女にやってもらうのかを聞いてみたら、「楽だし、女って世話を焼くのが好きだから、あえてやってもらってる」と言っていた。めちゃくちゃ都合よすぎな理屈だけど、そんな考えを持っている男子も、一定数は確実にいるわけだよね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
桃山商事
桃山商事(ももやましょうじ)
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。
Twitter:@momoyama_radio
公式サイト:桃山商事
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ