• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

妊娠すると、仕事とお金はどうなる?

2014年4月15日

妊娠中にかかるお金は20〜30万円、収支のバランスに注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 お陰様でこの連載も4年目になります。私にとってこの1年間での大きな変化は妊娠を経験したことです。今回は、妊娠中の仕事とお金について体験談も交えながらお伝えしたいと思います。

 映画『銀の匙Sliver Spoon』の原作者で漫画家の荒川弘さんは妊娠中・出産後も一度も休載することなく『鋼の錬金術師』の連載を継続され、その後も第二子、第三子もご出産されたそうです。私はこのエピソードに強い感銘を受け、妊娠・出産をしても仕事を続けたいと思いました。

 お金という観点からも出産退職をすると不利になります。正社員の人が出産後退職をして8年間のブランクを経てパート・アルバイトとして再就職する場合、生涯賃金を約2億3000万円失うというデータもあります(「国民生活白書」2005(平成17)年版)。妊娠・出産に伴う体や心の変化は人それぞれ違うために無理は禁物ですが、可能な限り仕事を継続させたいものです。

妊娠中、心にとめておきたい出費

 さて、妊娠中に気をつけたいお金として次の3つがあります。医療費の自己負担として5~15万円程度、特別費(マタニティー・ベビーアイテム)として15万円程度、その他に毎月の収支の変化(収入減、支出増)があります。

 一番大きいのは医療費です。妊婦健診を14回程度(妊娠初期から妊娠23週までは4週間に1回、妊娠24週から妊娠35週までは2週間に1回、妊娠36週から出産まで週1回程度)受けることになります。医療機関にもよりますが、費用は1回6000円~1万円程度(妊娠初期の血液検査は2万円以上かかる場合も)です。

 その他、妊娠しているかの検査、初診料、紹介状(転院する場合)などもかかります。トラブルもなく、順調な場合の妊娠中の医療費はざっくりと15万円程度に。ただし、多胎妊娠や分娩予定日が遅れるなどで健診の回数が増える場合は、負担が増えるのでご注意ください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ