• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子のための法律相談所

ブラック企業の中で繰り広げられる日常

2014年3月11日

就活生必見!プレッシャー、違法な業務…、ブラック企業の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載の著者である弁護士の岩沙好幸先生が編者を務めた『ブラック企業に倍返しだ!弁護士が教える正しい闘い方』(ファミマ・ドット・コム)の中から、前回は「知っておきたいブラック企業の実態」と題し、チェックリストを紹介しました。今回は、ブラック企業の中で実際に起こっている、ブラックな所業を具体的にお話ししていきましょう。プレッシャー、おかしな言い訳、違法な業務……。ザ・ブラック企業の中で繰り広げられている日常は度が過ぎるものばかりです。

使い勝手の良い社員を探し、使えない社員を淘汰する行き過ぎた競争

 キツすぎる労働環境となっているひとつの要因が、社内で行われている同期・同僚間の行き過ぎた競争です。同期は仲間でありライバル。競争はどこの会社でもあると思います。

 「同期があれだけ頑張っているんだから、自分ももっと頑張らなくちゃ」

 といった良いモチベーションを生むこともあります。

 しかし、ブラック企業における競争は、まったく別の競争です。社員の成長を促す競争ではなく、使える人材を探し、使えない人材を淘汰するための競争だからです。ブラック企業が考える使える人材とは、

・仕事ができ、会社の命令に素直に従う
・キツい労働環境でも、体調をくずさない

 を備えた人材です。このような使い勝手の良い人材を探すために、ずる賢い手段で競争を強いてきます。たとえば、入社時の条件で「入社後数カ月間は試用期間」としている企業も多いと思います。ブラック企業はこの条件を巧みに悪用し、

 「試用期間中に結果を残さなかったら会社を辞めてもらう」

 というようなプレッシャーをかけてくるのです。試用期間中でも正社員として入社しているのであれば、雇用契約は成立しており、よほどの理由がない限り、解雇などを行うことはできないものです。しかし、入社したばかりの社員は従わざるを得ません。仕事ができずに辞めさせられてしまったとなれば、その後の転職にもマイナスとなります。新社会人にとっては、大変な就職活動の末に入った会社。ですから、競争に従ってしまうのです。

 また、競争以外では、毎日のキツい仕事に加え、社内マニュアルや社内テストの勉強を義務づけるブラック企業もあります。毎日、朝から終電まで仕事をしていたら、勉強できるのは真夜中か休日のみ。結局、休める時間も休めなくなってしまうのです。

 サービス業のブラック企業の場合だと、

 「社内テストに合格して役職につかないと一人前とは呼べない。いつまでも役職につけない社員は必要ない」

 といったプレッシャーをかけてきます。こうしてキツい仕事に加えて勉強もしていかないと会社に残れないような環境にしているのです。

 ブラック企業は、パワハラを織り交ぜながら行き過ぎた競争を行い、社内で必要な人材であるか否か判断します。そして、必要がないとされてしまった社員は、

 「これぐらいこなせないようじゃ、この仕事は向いていないんじゃないの?」

 といった自己都合退職を仕向けるパワハラを受け、淘汰されていってしまうのです。

見せしめ、人格否定……。社内はパワハラのオンパレード

 自己都合退職を誘導するパワハラ、競争をけしかけるパワハラ以外にも、ブラック企業の中では、さまざまなパワハラが行われ、社員の精神を蝕んでいます。

 社内の朝礼など社員が集まる場で、業績の上がっていない社員に対し、

 「こいつは成績が悪い」

 と社員を名指しで叱責をする行為が行われています。成績の悪い社員を見せしめにし、本人を自主退職へと追い込むとともに、まわりの社員に対しても、成績が下がると同じ目にあってしまうというプレッシャーをかけているのです。カウンセリングや面談と称して社員を呼び出し、

 「お前は本当にダメなやつだな」

 といった人格を否定するようなパワハラも行われています。仕事のことだけでなく、自分自身の性格や育ってきた環境までも否定してくるのです。

 また、パワハラとも関連深いのが、会社が社員に対して行う不当な扱い、退職勧奨です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ