• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

話題のクロワッサン・スイーツをチェック!

2014年2月20日

ドーナツもたい焼きもラスクも、なぜか最近クロワッサン仕立て!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 サクサクの食感に上品に香るバター。クロワッサンに魅了される方も少なくないだろう。そのまま食べても美味しいクロワッサンだが、今、進化を遂げてさらに魅惑的なスイーツとなって続々登場している。自分用にはもちろん、手土産にも喜ばれるクロワッサン・スイーツをチェックしてみよう!

 最初に紹介するのは、2013年7月、ついに日本に上陸したNYで大ヒット中のドーナツ型クロワッサン。「クロナツ」の愛称で親しまれ、2013年メディアにも多数取り上げられた、「ニューヨーク クロワッサン ドーナツ」だ。

 クロナツとは、クロワッサン生地で作られたドーナツを2つ重ね合わせたもの。間にクリームを挟み、上からチョコレートでコーティング。2つ積み重ねることで、サクサクした食感と生地の厚さを保ちつつ、ドーナツのボリューム感も出しているのが特徴だ。

「ニューヨーク クロワッサン ドーナツ」。レギュラーフレーバーはクリスピーチョコレート、ストロベリーチョコレート、スマイルホワイトチョコレート、リッチ抹茶チョコレート、塩キャラメルチョコレート、レモンクリームの6種類、各160円。催事用限定のフランボワーズ、マロンは各280円。

 ベーカリーチェーンのバンデロール販売企画部PR販売促進課の清水善則さんは、「ニューヨークのあるお店でクロワッサンとドーナツが合体したような商品が話題という内容の記事をヒントに、当社でもそういった斬新なものを開発できないかと思い、思考錯誤しました」と発売に至った経緯を語ってくれた。

 試作や開発をする中で問題になったのが甘さと油っぽさだったそうで、「日本人向けに甘さを抑え、クロワッサン生地はオーブンで焼いた後に油で揚げることで吸油量を減らしました。生地発酵や焼き時間と揚げる時間の調整に一番苦労しました」とのこと。苦労の甲斐あって、クロナツは大人気になり、今でも売れ続けているそうだ。1日で1800個販売した日もあるという。すごい!

 人気フレーバーの2トップは、塩キャラメルチョコレートとクリスピーチョコレート。早速クリスピーチョコレートを食べてみると…。上のクランチはザクザクした食感で、間にサンドされているチョコレートクリームはとてもなめらか。人気になるのも納得のおいしさ。

 クロナツは全国のバンデロール81店舗で販売中。催事限定商品「プレミアムニューヨーク クロワッサンドーナツ」は一律280円。クロナツの専門店「アンジェリークニューヨーク」が2/15~2/28に西武渋谷店、3/5~3/11に丸井北千住店、3/15~3/25に大丸東京で限定オープンするので、チェックしてみて!

 続いてはたい焼きをクロワッサンにしてしまった! 「築地銀だこ」や「薄皮たい焼」でおなじみのホットランドが展開する「銀のあん」では、クロワッサンの生地で餡を包んだ「クロワッサンたい焼」を昨年9月に発売。週末などは2000枚を上回る売れ行きだという。たい焼きのクロワッサンって? あんことは合うの?

「クロワッサンたい焼」(1匹200円)。クロワッサン生地にしっかり鯛の型がついていて、“たい焼き”であることが分かる。でもなぜ周囲の生地まで付いているの?

 銀のあん事業部の笹本伸次部長に、なぜたい焼きをクロワッサンにしたのか聞くと、「1番人気の定番たい焼き、あずき(1匹150円)に使われているのは、こだわりの北海道十勝産を使用した自家製餡。こちらをさらに美味しくお召し上がりいただきたいと、生地の開発を試行錯誤し、和と洋の融合が生まれました」と教えてくれた。

 焼き方は、「生地であんを包み、専用のたい焼器で両面からいっきに焼き上げます」とのこと。たい焼きのまわりの生地を“バリ”というそうだが、このバリをあえて残すことで生地のサクサク感を味わって欲しいそうだ。なるほど~。

 通常の焼き立てより、常温の方がより味を楽しめると聞いて、温めずにその場で食べてみると生地はサックサク。周りはざらめ糖でコーティングされていてパリパリ感もあり、甘くて香ばしい。餡と合うのか? と中まで食べ進めると…合う! 美味しすぎてハマってしまった。一度お試しあれ。

 次は一日3000個売れる時もある“クロワッサンラスク”!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ