• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自分に自信を持ち、人間関係を変える!

2014年2月20日

苦手意識が幸せを遠ざけている!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 自分に自信を持ちたいけれど、ダメな自分が目についてしまって、なかなか人と関わるときに自信を持てない……その結果、恋愛や幸運も遠ざかってしまっている、そんな女性が少なくありません。

 自信がある人は、普段の生活の中で、どんなことができているのでしょうか? そして、自信がない人はどんなことが苦手なために、幸せから遠ざかってしまっているのでしょうか?

 今回は、自分に自信を持って人間関係を改善していくための4つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

■失敗したときの自分の能力や行動パターンを把握する

 自信がある人は、自分の能力や自分の行動パターンについて「把握」ができています。

 把握というのは、「自分が普段どういった範囲のことなら実行することができるのか、自分がトラブルになったときにどんな行動をとることができるのか」、といった許容範囲を把握できているということです。

 例えば、何か仕事でトラブルがあったときにパニックになってしまう……こうしたことは、自信がある人でも「起こさない」というわけではないんですね。

 自信を持っている人は、むしろ、自分がこうした状態になってしまうことがあるということも把握していて、「こうした状態になったらこの人に助けてもらおう」「パニックになったら、冷静な○○さんに助言をもらおう」というように、自分を助ける術を普段から把握しています。

 つまり、「自分が完璧ではない」という前提を、自分自身がやさしく受け止めてあげているのです。

 ですので、いざというときにも、必要以上に自分を責め続けてしまうこともなく、失敗によって必要以上に自信を失うこともありません。

 けれど、こうした「自分が完璧な状態ではない」ということを許せずに、完璧にならなければいけないと思っていると、できなかったこと、失敗したこと自体にショックを受けたり、パニックになってしまったりするために、周囲に助けを求めることができず、さらに無理をして自信を失って、自分を苦しめてしまいます。

 人は必ず、できないこともあり、苦しいこともあるのです。
 最初から、こうした「自分のできないところ」を許し、「完璧ではない自分」を許容してあげながら、自分の人生を作りあげていきましょう。

 最初から逃げ道という余裕を用意してあげることで、あなたという存在に優しく、自信を持って、人生を生きられるようになるのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ