• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今の時代の「キャリアの正解」ってあるの?

2014年2月6日

「逃げない」「先送りにしない」「独りよがりにならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 終身雇用制度が崩れ始め、誰もが「自分らしい働き方」を模索する時代がやってきました。私たちの働き方はこれからどのように変わっていくのでしょうか? 毎回、ゲストを迎えながら、現代日本を生きる働く女性の未来を考えます。今回は人材育成コンサルタントの河野真理子さんに「キャリアの正解」の捉え方について伺いました。

●この人にお話を聞きました
人材育成コンサルタント
(株)キャリアン代表取締役 河野真理子さん


こうの・まりこ/メーカー入社後、1989年にキャリアに関する事業を中心とした人材育成子会社を立ち上げ常務、社長。同社独立後、会長。2013年に一人ひとりの生涯キャリアを支援する会社を設立。最近ではダイバーシティ時代の管理職のマネジメントや、仕事と結婚・子育て両得をめざすキャリアデザインなどの相談も。東京工業大学大学院技術経営修士(MOT)修了。神奈川県教育委員会委員、独)労働政策研修研究機構 総合評価諮問委員、公財)日本生産性本部幹事会幹事、同サービス産業生産性協議会幹事、同ワークライフバランス推進協議会委員、日経WOMANウーマン・オブ・ザ・イヤー審査員/日経WOMAN 企業の女性活用度調査審査員。

 「ロールモデルがいない」という声をよく聞きます。でも今はキャリアの形が多様化している時代。特定の“モデル”がなくてもいいのではないでしょうか。“ロールモデルズ”とでも言ったらいいのか、複数のキャリアパターンを組み合わせてお手本にしたらいいのだと思います。

 一つの会社にフルタイムで勤め続ける、時短勤務を経て再びフルタイムで働く、働くこと自体を一度辞めてから復職する、退職後に専門学校などで学び直す、これまでの経験を生かして独立・起業する・・・本当に様々なロールモデルがあります。どれが正解で、どれが間違っているということはないのです。大切なのは、あなたの能力・経済・生活環境・仕事環境をトータルで考えたとき、その働き方があなたの生き方・価値観に合っているかどうかということです。

 もちろん、自らが所属する組織における「正解(今までの成功事例)」はあります。例えば、日本の組織でありがちなのは、「この会社で部長にまで昇進できる女性は、独身でバリバリ仕事をしてきた人だけ」といったパターン。これからは組織におけるロールモデルももっと多様でいいはずなのですが…。

 働き続ける女性が増えてきたのにも関わらず、まだまだ日本の管理職は女性に対して定型のイメージに当てはめがちです。すべての女性が結婚して子どもを持ちたいわけではないし、すべての女性が管理職になりたいわけでもない。もっと女性一人一人を見て、しっかり声を聞いて適材適所を心がけてほしいと感じます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
田中 美和
ライター・キャリアカウンセラー
田中 美和(たなか・みわ)

出版社で女性向けキャリアマガジンを担当後に独立。現在はライター、キャリアカウンセラーとして活動するほか、キャリア女性に仕事を紹介する株式会社Waris(ワリス)を設立し、同社共同代表。/http://waris.co.jp
関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職ウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ