• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

おひとりさまも安心の「友だち近居」

2014年1月31日

~女どうし、自立と助け合いを両立するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 マーケティングライターの牛窪恵です。

 最近になって気づきました。毎年、寒い冬になると「将来が不安で」と話す、働き女子が増えることを……。

 ふだんはイキイキと“おひとりさま”を楽しむ女子も、たぶん人恋しいこの季節になると「ひとりは怖い」「孤独死したらどうしよう」など、将来の漠然とした不安が募りやすいのでしょう。

 でも大丈夫! 先日、とても勇気が出る先輩女性に出逢いました。

 「私たちが目指すのは、親しいご近所づきあい。女どうしベッタリではない、“友だち近居(共生)”のニュアンスです」

 と話すのは、自立型のグループ「個個セブン」の田矢きくさん。

 中高年男女のネットワーク「オパール・ネットワーク大阪」の代表を務める彼女は08年、志を同じくする7人の女性と一緒に、兵庫県・尼崎市のマンションで、友だち近居を始めました。

 「個個セブン」の名称には、「7人がそれぞれ(個々に)自立しながら、自分らしく暮らしていこう」との思いを込めたそうです。

 田矢さんのほか、メンバーは福祉ジャーナリストや心理カウンセラー、コピーライターなど、何らかの仕事をもつ女性ばかり。

 十数年前から、おひとりさまの女友達どうしで「将来、一緒に住めたらいいね」と折にふれて話していた、とのこと。

 当初は皆んなで一軒家を建てようと、土地を探し始めた。でも「金額や条件が折り合わず、なかなかいい場所が見つからなかった」といいます。

 07年、諦めかけたころに出逢ったのが、いま田矢さんたちが住む新築マンション。ちょうど売り出し始めた時期で、49戸のうち7戸を個個セブンのメンバーそれぞれ(7部屋)が買いました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
牛窪 恵
牛窪 恵(うしくぼ・めぐみ)
マーケティングライター。インフィニティ代表取締役。財務省財政制度等審議会専門委員。1968年東京生まれ。日大芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社に入社して編集、PR担当後、転職し、2001年に起業。トレンド、マーケティング、小売流通、ホテル、旅行関連などをテーマに執筆、講演を行う。テレビ番組のコメンテーターも務める。主な著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『独身王子に聞け!』『ただトモ夫婦のリアル』(いずれも日本経済新聞出版社)ほか。13年、経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーターに就任。公式ブログ「牛窪恵の気分はバブリ~♪」
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ