• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ネット保険は安かろう、悪かろう?

2014年1月30日

安くても、ちゃんとした保険なので安心して

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

インターネットで入れる保険に入ろうとしたら、「ネットで売っている保険は、安かろう、悪かろうじゃないの?」と親から反対されています。


――保険料を抑えたいと思い、ネットで入れる保険に入ろうとしたら、親が大反対。親がいつも頼んでいる保険のセールスレディから入るほうが安心だと言われました。ネットの保険って、うちの親が言うように安かろう、悪かろうなんですか?(30歳・妻・子ども1人)

安かろう、悪かろうなんてことはありません。
ネットで入っても、セールスレディから入っても「同じ保険」です。だったら、保険料が安いほうがいい。

 たまに聞きます、こういう話。30歳だとご両親も若くて元気なので、子世帯のお金の話に「介入」したがります。親心なのでしょうが、お金をとりまく環境は時代とともに変わるもの。親の時代の常識は、今の非常識だったりすることも多いので、親のアドバイスは聞き流しましょう。ネットで入れる保険が安い理由は、募集や販売にかかるコストを抑えているからです。商品自体は、金融庁の認可を得ていますから、心配はありません。ネットで入れる保険のメリットは、保険料が安いことともう一つ、必要な分だけ保険を買うことができることです。

 従来の大手生命保険会社の商品は、いろいろな保障がセットになった商品で、特約も盛りだくさん。単品で買える保険より割高です。保険の入り方は、子どもの成長など家族状況により変化するので、死亡保障と医療保障は単品で別々に入るのが合理的でムダがありません。

 保険は「幕の内弁当ではなく、単品のおかずを買うのがベスト」と覚えておいてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
深田晶恵
深田晶恵(ふかた・あきえ)
ファイナンシャルプランナー(CFP)、株式会社生活設計塾クルー取締役。個人向けコンサルティングのほか、メディアや講演活動を通じて、利用者目線でのマネー情報を発信している。日経WOMANに「目指せ! マネー美人」を連載中。著書に『住宅ローンはこうして借りなさい・改訂4版』(ダイヤモンド社)など。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ