• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

便秘解消! 西邨マユミさんレシピで腸美人に

2014年1月21日

食物繊維と消化酵素がタッグを組んだ強力な一品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 便秘、生理痛、ダイエット・・・。女性の体に関するお悩みのお便りを元に、世界の歌姫マドンナのプライベートシェフを務めた料理研究家の西邨マユミさんが、超カンタンに作れる悩み解決レシピを伝授する、dビデオで配信中の番組「海外セレブ御用達プライベートシェフのスゴ技満載! かんたん美人レシピ」。番組の中で紹介されたレシピと西邨さんが日経ウーマンオンラインのために考案してくれた特別レシピをご紹介!料理が全くできないあなたも、このレシピで、身体の中から世界級のセレブ級美人になろう!

 忙しい働き女子の隠れた悩みは便秘。スッキリしない日が何日も続くとずっと気になってしまいますよね。なるべく薬に頼らず食生活で何とかしたい。マドンナのパーソナルシェフを務めていた料理研究家の西邨マユミさんは「食物繊維をたくさん摂るとすんなり治ることが多いんです」とおすすめの2品を紹介してくれました!

ひじきと蓮根の炊き合わせ

<材料:4人分>
・ひじき乾燥・・・30g 水に30分戻して水切りしておく
・玉ねぎ・・・・・小1/2個 5ミリくらいのくし切り
・蓮根・・・・・・1/2節 薄いいちょう切り
・サヤインゲン・・5本くらい 斜め細切り
・人参・・・・・・小1/2本 千切り
・水・・・・・・・1/2カップ

・醤油・・・・・・大さじ1
・ごま油・・・・・大さじ1

<作り方>
1.鍋にごま油を中火で温め、ひじきに油がまんべんなく行き渡るように炒める。
2.玉ねぎ、蓮根、人参、サヤインゲンの順に炒めながら加え、水を加えて5分ほど煮る。
3.「2」に醤油を加え味を整え、水分を煮切る。

 腸の働きを活発化させるのに欠かせないのは食物繊維。ひじきはビタミン豊富で腸内の善玉菌を増やす食材です。蓮根に含まれる成分は消化を助けてくれます。

 蓮根を切ったあと、すぐ変色しやすいのはポリフェノールが多いから。炒める直前に切るのがおすすめですが、硬いので包丁を扱うときは気をつけて。

 「ひじきは水につけてしっかり戻さないと火がなかなか通らなくておいしくならないので、30分ほどつけてくださいね」(西邨さん)。戻したひじきをごま油で先に炒め、野菜を入れたら油が全体に回るようにしてください。蓮根の粘りが焦げやすいので、必要であれば分量外の水を加えながら炒めましょう。

 油が回ってきたら水を足して5分ほど煮て、醤油を加え味を決めます。「このあと水分を煮切ると野菜本来の味を楽しめる一品に」(西邨さん)。砂糖などの甘味は何も入っていないのに、ほんのり甘さを感じるやさしい味わいになります。

 先生によると、このレシピは肌荒れにも効くとのこと。「肌荒れは肺の機能低下が原因のことも。肺と大腸は同じ経絡(けいらく)なので、食べるものに気をつけて腸を元気にすると肺も元気になります」。これは見逃せない!

 味が染みたひじきとシャキシャキの蓮根が織りなす食物繊維のハーモニー。おいしく腸内環境を整えて便秘の悩みを吹き飛ばしましょう。

 次ページでは、野菜をふんだんに使っているのに超カンタンな一品を紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
西邨マユミ
西邨マユミ(にしむら・まゆみ)
マクロビオティック・コーチ/パーソナル・シェフ/感食研究家
1982 年に単身渡米し、マクロビオティックの世界的権威である久司道夫氏に師事。その後、アメリカ マサチューセッツ州 クシ インスティティュートベケット校の設立に参加し、同校の料理主任および料理講師に就任し、同時にガン患者への料理指導も行う。2001 年より、歌手マドンナのパーソナルシェフを務め、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、東京を中心に活動。ゴア元副大統領、スティング、ブラッド・ピット、ガイ・リッチーをはじめ、多くのセレブリティにマクロビオティックの食事を提供してきた。 また、マクロビオティックをもっと沢山の人にと、誰でも実践可能な「プチマクロ」を提唱し、同時に、執筆活動も積極的に行う。自伝的著書「小さなキッチンの大きな宇宙」や数々のレシピ本などを出版。「MAYUMI'SKITCHEN」はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど広く海外でも親しまれている。
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ