• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

効率的に栄養摂取!要注目の機能性野菜

2014年1月16日

少量食べるだけで栄養抜群の高機能トマト、ブロッコリー、スプラウト…etc

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 バランスのいい食生活が理想ではあるけれど、野菜不足が気になっている人は多いのではないだろうか。実際、あるアンケート調査では、普段の食生活における野菜の摂取について「十分に摂れている」という人7.3%に対し、「摂れていない方だと思う」「摂れていないと思う」などと答えた人が66.3%にも上るというデータもあるほど(日経ウーマンオンライン「野菜好きだけど野菜不足?」より)。働き女子にとっても野菜不足は他人事ではないはずだ。

 そこで今回ご紹介するのは野菜不足解消に役立つのではと注目されている“機能性野菜”! 機能性野菜は、もともと野菜に含まれる栄養素の含有量を格段に高めていたり、本来は含まない栄養素を特別に加えた野菜のこと。少量でもサプリメント感覚で効率よく栄養を摂取できる野菜のことだ。しかも健康にいいのはもちろん、「アンチエイジング」や「美白効果」など、女子にウレシイ作用もあるようだ!

 まず、「ブロッコリー スーパースプラウト」からチェックしてみよう。カイワレ大根にも似ているブロッコリーの新芽のことだ。

これが「ブロッコリー スーパースプラウト」。ブロッコリーの新芽だ。1パック50g入り、200円前後。無農薬というのもうれしい。

 10年前から同商品を販売している村上農園の広報マーケティング室の篠田友里さんは、「『野菜だからなんとなく健康に良さそう』ではなく、『この野菜は“機能性”があるから選ぼう』というように、お客様にとって『選ぶ理由のある野菜』を作りたいと考えています」と説明してくれた。

 「高濃度の機能性成分が含まれていることを定期的に第三者機関でチェックするなど、弊社では品質面にこだわっています。リピーターの多い商品なので、発売以降、数年は販売数も大きな変化がなかったのですが、ここ数カ月で“機能性野菜”としてメディアで取り上げられることも増えてきました」(篠田さん)。実際、2013年の9~11月の3カ月でみると、昨年の同時期の販売数と比べて1割以上増えている、とのこと。

 同商品で摂取できる代表的な栄養素は「スルフォラファン」というブロッコリーに微量含まれる機能性成分。このスーパースプラウトにはブロッコリーの約20倍も含まれ、1パック(50g)当たりに換算すると、ブロッコリー5株分に相当するスルフォラファンが含まれているという。篠田さんは「スルフォラファンは抗酸化作用を高める働きがあり、美肌づくりにおすすめです。紫外線によるシミやシワ予防、さらにはメラニンの生成を抑制する作用もありますよ!」とコメント。

 美肌やアンチエイジングにつながるのは嬉しい限りだが、この商品はどんな味なのか? おいしいのか? 洗わずに食べられるというので、まずはそのまま一口食べてみると、シャリシャリ、瑞々しい食感。繊維質が感じられるけれど柔らかく、噛むごとに少し辛味もある。クセがないのでそのままでも食べやすく、思ったよりおいしい!

 同社篠田さんのお話では、「生のままサラダでもいいし、スルフォラファンは熱に強いので、料理に加えていただいてもOK。忙しい働き女子の方なら、コンビニ弁当などにブロッコリー スーパースプラウトをひとつかみトッピングしていただくのもおすすめ。これだけで、体内の抗酸化作用・解毒作用を促進するスルフォラファンが摂れ、発芽野菜に豊富なビタミン類も補うことができます。実際、村上農園の女子社員も実践していますよ!」とのこと。なるほど、それなら簡単かも。

 筆者も、日常の食事にブロッコリー スーパースプラウトを足してみた。うどんなどの麺類に生のまま足しても薬味の代わりにちょうどいいし、焼きそばの具に加えてもおいしかった。案外何に足してもおいしいので、たくさん食べられちゃいそう。うふふ、これで美肌になっちゃうかも~。

 このブロッコリー スーパースプラウトのおすすめレシピをお聞きした。女子会にぴったりだし、作るのも簡単なのでぜひお試しを!

【レシピ●ブロッコリースーパースプラウトのり巻き】


作り方
1.味噌大さじ1、ごま油大さじ1、七味唐辛子少々を混ぜたソースを作っておく。
2.お好みの野菜(アボカド、人参、パプリカなど)を食べやすい大きさに切り、ブロッコリースーパースプラウトをごはんに見立て、巻き寿司のように板海苔で巻く。作っておいたソースを海苔の端に塗って閉じる。

 次は過去最高益見込まれている機能性のトマト!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材グルメライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ