• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

生理痛に効くプチマクロビオティック料理

2014年1月14日

血のめぐりを高める西邨マユミさんレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 便秘、生理痛、ダイエット・・・。女性の体に関するお悩みのお便りを元に、世界の歌姫マドンナのプライベートシェフを務めた料理研究家の西邨マユミさんが、超カンタンに作れる悩み解決レシピを伝授する、dビデオで配信中の番組「海外セレブ御用達プライベートシェフのスゴ技満載! かんたん美人レシピ」。番組の中で紹介されたレシピと西邨さんが日経ウーマンオンラインのために考案してくれた特別レシピをご紹介!料理が全くできないあなたも、このレシピで、身体の中から世界級のセレブ級美人になろう!

 働き女子ならつらい生理痛を体験している人が多いのでは? 毎月、下腹部や腰の痛みに耐えるのは大変。仕事へのモチベーションを保つためにも何とか改善したいもの。マドンナのプライベートシェフを務めたこともある料理研究家の西邨マユミさんは「縮こまっている子宮をゆるめてあげるのがポイント!」と手軽な2品を紹介してくれました。

玄米海苔巻きトリオ

<材料:4人分>
・基本の玄米ご飯 炊いたもの・・6カップ
・梅酢・・・・・・・・・・・・・大さじ2
・焼き海苔・・・・・・・・・・・・・3枚

【具材1】
・青紫蘇・・・・・・・・・・・・6枚
・練り梅・・・・・・・・・・・・小さじ1
・炒りごま・・・・・・・・・・・小さじ1

【具材2】
・納豆・・・・・・・・・・・・・小さいパック1
・和からし・・・・・・・・・・・小さじ1/2
・刻みネギ・・・・・・・・・・・大さじ1

【具材3】
・アボカド・・・・・・・・・・・1/2個
・炒りごま・・・・・・・・・・・小さじ1

<作り方>
1.炊いた玄米ご飯に梅酢を、ご飯を切るようにして混ぜ、粗熱をとる。
2.半分に切った焼き海苔を、巻き簾の上・手前に裏を上にして載せる。
3.1/2カップくらいのご飯を海苔の上にひろげ、具材を中央に横一文字に載せ、手前からくるっと巻く。
4.6~8等分の食べやすい大きさに切る。

※心臓病や血管系の病気でワーファリンという薬を服用している場合は、納豆がワーファリンの効き目をなくすので、医師に相談してください。

 生理痛の原因は体の冷えによる子宮の収縮。先生によるとマクロビオティックでは収縮をゆるめるのが大事。今回は血液の循環を良くして、子宮と一緒に体の生理機能を改善していきます。

 ミネラルや食物繊維を考えると白米より玄米がおすすめ。食物繊維が豊富な玄米、納豆に含まれる栄養分は子宮の炎症を抑え痛みを軽減。アボカドはホルモンバランスをととのえてくれるそうです。アボカドはビタミンを11種類も含み「森のバター」といわれるほど栄養価があります。

 練り梅のクエン酸は乳酸を分解して動脈硬化に効果あり。青紫蘇の香りはイライラ解消に。効果的な食材のおかげで3つの味を楽しみながら生理痛や体の機能にも効いてしまう、なんてお得なメニュー! 材料がそろえばあとは巻くだけなので、ぜひ試してみてください。

 「玄米自体が甘いので梅干しを作ったときにできる梅酢を混ぜるだけでOK。寿司酢を作るより楽にできます」(西邨さん)。海苔巻きを作るときは、粗熱がとれない状態で巻き始めると海苔が蒸気で縮んでしまうので注意。具材も載せすぎないほうがキレイに仕上がります。

 海苔にも裏表があるのを知っていましたか? 光沢があるのが表、ザラザラしているのが裏、巻き簀に載せるときは表が外側になるように確かめて。玄米に対して1.1倍の水で少し硬めに炊くとシャリが巻きやすくなります。

 先生いわく「生理痛のときは砂糖やチョコレートなどの甘い物は避けて」。体の代謝を悪くして体温を下げてしまうそうです。どうしても食べたいときはダークチョコレートを選ぶとよいとのこと。生理のときほど自分をいたわってあげたいですね。

 次ページでは、黒豆のいいところをギュッと閉じ込めた一品を紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
西邨マユミ
西邨マユミ(にしむら・まゆみ)
マクロビオティック・コーチ/パーソナル・シェフ/感食研究家
1982 年に単身渡米し、マクロビオティックの世界的権威である久司道夫氏に師事。その後、アメリカ マサチューセッツ州 クシ インスティティュートベケット校の設立に参加し、同校の料理主任および料理講師に就任し、同時にガン患者への料理指導も行う。2001 年より、歌手マドンナのパーソナルシェフを務め、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、東京を中心に活動。ゴア元副大統領、スティング、ブラッド・ピット、ガイ・リッチーをはじめ、多くのセレブリティにマクロビオティックの食事を提供してきた。 また、マクロビオティックをもっと沢山の人にと、誰でも実践可能な「プチマクロ」を提唱し、同時に、執筆活動も積極的に行う。自伝的著書「小さなキッチンの大きな宇宙」や数々のレシピ本などを出版。「MAYUMI'SKITCHEN」はアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど広く海外でも親しまれている。
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ