• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女オンチはダイエットオンチ

2014年1月10日

ユニクロのXLが着られれば十分

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 何しろ食べることが好きである。

 思えば、子供の頃に両親からたった一つほめられていたのは、「真紀は何でもおいしそうに食べる」ということであった。
 身体の弱い子供であったのに、体調を崩して食欲がなくなるという経験もなかった。
 むしろ病気になると、バナナや桃の缶詰やプリンやヨーグルトなど、普段あまり食べさせてもらえない物をもらえるので、楽しみで仕方なかったほどである。

朝起きて思うことは「何を食べようかな」

 大人になっても相変わらず身体は弱いのだが、尿管結石で入院したときも、ドクターに痛みとともに(尿管結石は本当に痛い……)、「病院の食事が少ない!」と空腹を訴え、「こんなに痛い病気なのに、おなかがすいたという人は初めてです」と驚かれた。
 結果、病院の許可を得て、夫に毎日食べ物を持ってきてもらい、退院時には太っていたくらいで「太る人も初めてです」と言われたくらいである。

 病気だけではなく、仕事や人間関係のトラブルも多い方だと思うが、「食欲がわかない」と思ったことがない。
 「こんな時だからこそ食べなくちゃ」と思って一生懸命食べてしまう。

 朝起きて思うことは、「今日は何を食べようかな」。というよりも一日中「今度はあれを食べたい」と考えている。

 そして編集者としては、小説や評論などを担当してきたが、私の食への執念にあきれた作家から、冗談半分で「あなたは食の編集者になった方がいい」とすすめられ、「たしかに食やレシピ本だけで本棚に3本分くらいあるもんなあ」と、食関係の編集者に転職していた時期もあるくらいである。

体重を聞かれても全く平気

 そんな私なので、中年になってからも「いまダイエット中なので」と言って、食べ物を断ったことがない。

 しかも生まれてこの方、文化系の趣味しかなく、運動部に入ったこともないので、やせていた時期もない。
身長は163cm。大学時代の体重は55kgくらいで、まあまあの小デブであったが、食べることが好きだし運動は苦手だしだし、ファッションにもあまり興味がなかったので(これは大きいと思う)、ダイエットをするという発想はなかった。

 女オンチはダイエットオンチでもあったのだ。

 よく「女性に年齢を聞くのは失礼」と言われるし、ましてや「女性に体重を聞くなんて無礼」と思われがちだが、私は両方とも全然平気なのである。
 
 就職すると生活が不規則になり、気がつくと20代後半で70kgの立派なデブになっていた。
 当時はまだ会社員だったので、仕事にスーツを着ていくことも多かったがそのスーツが入らなくなったわけである。
 スーツを買い換える経済的な余裕がないために、気乗りしないものの生まれて初めてダイエットをすることにした。

 やり方はごく普通に食事制限と運動。
 もともとよく食べると言っても、酒も飲めず、揚げ物や甘い物も大好きなタイプではなく、魚や野菜や地味な食材が大好きでまめに自炊をしていたので、わりとすんなりすすみ、60kgに落ちてスーツも着られるようになった。
 ダイエット中でも、人の「これ食べる?」というすすめは断らなかったが(笑)。

 

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
深澤真紀
深澤真紀(ふかさわ・まき)
心コラムニスト・編集者。企画会社タクト・プランニング代表取締役社長
1967年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。卒業後、いくつかの出版社で編集者をつとめ、1998年、企画会社タクト・プランニングを設立。日経ビジネスオンラインで2006年に「草食男子」や「肉食女子」を命名、「草食男子」は2009年流行語大賞トップテンを受賞し、国内だけはなく世界で話題になる。平成の女性を語った『女はオキテでできている―平成女図鑑』(春秋社)や、『輝かないがんばらない話を聞かないー働くオンナの処世術』、津村記久子との対談集『ダメをみがく――”女子”の呪いを解く方法』(紀伊國屋書店)など著書も多数。公式サイト http://www.tact-planning.com
関連キーワードから記事を探す
暮らし方ヘルス&ビューティ人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ