• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

好きになった彼が浮気性。でも別れられない

2014年1月14日

第17回 ダメ彼が変わるのを待ち続けてしまう「綾香」の変革STORY

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 正月休みに食べて寝て、ボーっと座っていたら、夫に「“いきものがかり”ならぬ、“おきものがかり(置き物係)”だね」と言われたりょうっぺです、こんにちは! 「置き物係」ってどんな係やねん! 確かに食べる、寝る、息を吸う以外、何もしてないけど……。

 さて今回は元CA、可憐な美しさを放つ綾香さん(34歳・独身)のSTORYです。美人な上にテキパキとしっかりされていて、非の打ちどころがないといった印象の綾香さん。なのに、恋愛では苦労が絶えないのだそうで……。そんな綾香さんの恋愛事情と次第に心が変化していくまでの物語をご紹介します!

●外国育ちのジェントルマン。一瞬で大好きに♡

綾香:今までいろんな恋愛をしてきて、気づいたら34歳になっちゃいました。結婚に焦ってた時期もありましたが、今は悟りを開いたかのごとく、気持ち的に落ち着いています。結婚するならちゃんと自分だけを愛してくれる相手を選びたいですしね……。

りょ:ど、どうした? 一体、何があった? 相当、恋愛で苦労したことがあるのかな?

綾香:実は……そうなんですよ(苦笑)。ここ数年の恋愛がとてもキツかったので、それを終わらすことができた今は清々しい気持ちです。

 というのも、付き合ってた彼がダメンズと言いますか、ちょっと周りからは理解できないような人だったんですよね。

りょ:はい、キタ! ダメンズの方でございますね。一体、どんな殿方だったのでしょう?

綾香:そうですね、彼と出会ったのは私がまだCAをしていた29歳ぐらいのころ。友達の紹介で知り合いまして、外国暮らしが長い、帰国子女だった彼は女性に対してとても紳士的で立ち居振る舞いが洗練されてたんですよね。

 その優しい気配りと時折見せる茶目っ気に私はコロっとやられてしまいまして、一瞬で大好きになりました。

りょ:ほうほう、隠れチャーミングなジェントルメンですか。こりゃ確かに魅惑的ですな。で、お互い惹かれ合い、その後付き合うことになったと。

綾香:いや~それがなかなか一筋縄でいかない人でして。なんとなく二人で会う回数が増えて、彼の家にも遊びに行くようになったある日、ちょうどバレンタインだったので手料理を振舞ったんですね。

 その後、彼から「今日はラブリーなバレンタインをありがとう♡」とメールがあったから、うれしくなって、今日こそはこの関係をはっきりさせよう! と「Kちゃん(彼の名前)、私と付き合ってくれる?」と告白したんです。

 そしたら思いも寄らない答えが返ってきて。なんと彼、「ヤダネ!」って返事してきたんですよー。

りょ:What’s? どういうこと? おちょくってんのかしら?

綾香:私も「は?」って感じでびっくりしたんですけど、彼、続けてこう言うんです。

 「俺は綾香ちゃんのこと好きだけど、付き合うとか向いてないからなぁ」

りょ:そりゃずるいよー。自宅に招き入れて、手づくりバレンタインまで喜んで受け取っといてさー。彼、もしかして女性を翻弄するタイプ?

綾香:そのときは、まだ正体がはっきりつかめなかったんですけどねぇ。どうやら女性からモテるタイプっぽくて。でも、私も「男性はモテるぐらいのほうが素敵」って思っていたし、彼への気持ちが止められなかったから、その後もアプローチし続けたんです。

 彼もそれに対してまんざらでもなくて、ほぼ半同棲みたいな感じで一緒に過ごすようになりました。

りょ:なんとも“うやむや”な感じのスタートやね。一抹の不安もあるけれど、好きな人と一緒に過ごせるのは楽しいっちゃ楽しいもんね。その間だけは不安も吹き飛んじゃう。

綾香:そうなんです(笑)。そんな日々が半年ぐらい経ったころでしょうか。長いフライトから帰ったある日、彼に一刻も早く会いたくて、空港から彼の家に直行したんです。

 すると、とんでもない出来事が待ち受けていて。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。早稲田大学第一文学部卒業後、人材派遣会社で営業や企画を経験。その後、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わり、2001年に独立。以来、日経やリクルート系の雑誌編集を行うほか、書籍、Webなどでも執筆。また、「働く人の心の悩み」にも対応するべく、産業カウンセラーの資格も取得。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ