• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マフラー、スヌードの必勝コーデ

2014年1月11日

達人たちから盗む!マフラー、スヌードの新テク・裏テク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 真冬のマフラー、スヌードは、単なる防寒だけではなく、コートルックを色めかせるおしゃれのキーパーツ。コーディネートの軸に据えて差がつく着こなしに仕上げたい。大勢の首周りに巻かれるアイテムだけに、装いのグレードを上げるスタイリングには、巻き方や色柄に「芸」が欲しい。ひとひねり加えた操り方を心得ている達人たちのスナップは即コピーしたくなるアイデアの宝庫。

◆柄マフラー

 マフラーの見栄えがつまらなくなってしまう理由の1つが、バランスを意識しすぎて、左右の長さを均等に整えようとすること。これが失敗のもと。左右の端をわざとそろえないほうが面白さが出る。特に柄物はアシンメトリー(非対称)に巻くと、不ぞろい感が目立ち、全体に動きが強まる。白黒の柄マフラーを左右のバランスを崩して垂らしているので、着こなしにもリズムが生まれている。最初のうちは左右均等に垂らした後、片方を引っ張ってバランスを崩すといいだろう。

 柄物マフラーは長短のずれ具合が目立つので、あえて左右不ぞろいで巻くのが正解。色が入っていれば、重たく見えがちなコートルックの差し色にもなる。カラーブロッキングを施したロングマフラーは正面に長く垂れて、縦長のイメージをコーデに刷り込ませている。スレンダーなシルエットのチェスターコート、細身のペンシルパンツもシャープな印象を増幅。縦長3点セットの効果で、冬ルックとは思えないほどのほっそり感が出ている。ダークカラーのコートには、色マフラーであでやかさを足し込みたい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ