• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お局様の指導という名の“嫌味”にうんざり

2014年1月7日

第16回 先輩からの理不尽な指摘に苦慮する「葉月」の変革STORY

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 りょうっぺです! あけましておめでとうございます! 「まだこの連載続いてるの?」と思ったアナタ、ええ、まだやってますとも。続けますとも、たとえこの指が折れようとも(怖いわ!)。

 今年も悩める女子たちの奮起の物語をお届けしますぞ。どうぞ、一つよしなにお願いいたします。 

 今回は2014年仕事始めということで、職場の人間関係のお悩みを乗り越えた葉月さん(31歳・独身)の痛快STORYをご紹介。入社以来、役員秘書の仕事に就いた葉月さん。秘書のベテラン、いわゆるお局様からの理解しがたい指摘に翻弄され、次第に精神的に参ってしまいます。

 それをどう克服していくのか、具体的な対策が満載ですので、ぜひ参考にされたし!

●仕事の失態を全社員に一斉メールされるという制裁!?

葉月:6年前にコンサルティング会社に転職したんです。コンサルタントじゃなくて、アシスタント業務で入ったんですけど、会社から「役員の秘書の仕事をしてくれないか」と頼まれまして。

 それまで秘書の経験はまったくなかったんですけど、「人のためにサポートする」ことは好きだったので、引き受けることにしたんですね。

りょ:ええ? 秘書の経験がなくていきなり役員秘書に抜擢とはすごいね! 会社は葉月ちゃんのサポート力を見抜いていたんだろうね。頼りがいありそうだもの!

葉月:いや~最初のうちはよかったんですけどねぇ。少しずつ仕事を覚えてきた2年目ぐらいから、秘書のベテラン、いわゆる年の離れたお局様からのアタリが強くなってきたんです。

 たとえば、私が業務連絡で部署全体にメールを送った際、そのお局様が「全員返信」で返信をくれた後、また個別に私宛てにメールを送ってくるんです。

 「このメールって、みんなに送る前に私にひとこと言うべきじゃない?」とか、何かにつけてお小言を言われるようになりまして。

 いたって簡単な業務連絡なのでお伺いを立てるほどの内容でもないですし、そもそも私の上司というわけではないので、どうしたらいいか困ってしまって……。

りょ:あらら、その先輩なりの仕事のダンドリとかコダワリっつうのがあるのかしらねぇ。ポイントがズレてる可能性も極めて高いけれども。ちなみにそういう態度は葉月ちゃんに対してだけなの?

葉月:いや、それが私だけではなくて、他の同僚にもかなり細かい突っ込みや指摘をしているらしいのです。なかには自分の育ちや人格を否定されるほど嫌味を言われて精神バランスを崩した人もいるみたいで……。

りょ:あちゃー! 育ちや人格までは否定されちゃつらいわね。指摘はあくまで「仕事」に対してだけにしていただけたら。

葉月:そうですよね! 実はまだ他にもエピソードがあるんです。

 あるとき、会議のお茶出しをしたのですが、他の業務が立て込んでしまって、片づけるのをうっかり忘れてしまったんですね。

 そしたら、なんとそのお局様から「○○号室のお茶が片づけてられていませんでした」という内容のメールを全社員に向けて一斉に送られてしまったのです(泣)。

 100人弱の規模の会社なので全社メールはしょっちゅう飛び交う職場ではあるのですが、まさか全社員に自分の失態を流されてしまうとは、さすがにショックが隠し切れませんでしたね。

 私も急いで謝罪をしなければ!と思って、全社員に向けてお詫びのメールを送りました。送った後で、なんというか公開処刑みたい……と思っちゃいましたよ。  

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。早稲田大学第一文学部卒業後、人材派遣会社で営業や企画を経験。その後、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わり、2001年に独立。以来、日経やリクルート系の雑誌編集を行うほか、書籍、Webなどでも執筆。また、「働く人の心の悩み」にも対応するべく、産業カウンセラーの資格も取得。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ