• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今年の運気を100%あげる小さなコツ

2014年1月3日

自分の中にステキなことが入り込むスペースを作るために(第59回)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは、著述・翻訳家の上野陽子です。今年の運気をあげるために必要なことを、映画「食べて、祈って、恋をして」のエリザベス・ギルバートとアーティストのトーリ・エイモスが教えてくれます。今年もきっといい年になりますように。




まだ見ぬ私の未来を、
これから起こるステキな出来事で満たすために、
スペースを作るの。

I'm making space for the unknown future to fill up my life with yet-to-come surprises.




エリザベス・ギルバート
Elizabeth Gilbert


作家(1969年~ )
NY大学卒業後、ウェイトレスや雑誌記者などを経てジャーナリストとして活躍。2010年にジュリア・ロバーツ主演で映画かされた『食べて、祈って、恋をして』の原作本は世界中で700万部を超えるベストセラーとなった。


 何もかもいつもの通りのはずなのに、朝日とともにすべてがスッキリと新しくなったような気持ちにさせる新年は、暦がくれる、ワクワクさせる魔法のご褒美。

 今回は、そんな一新された気持ちに弾みをつける言葉たちです。

 まずはみなさんご存知の映画「食べて、祈って、恋をして」から。毎日に何かかけたものを感じるジャーナリストの主人公が「自分探し」と称してイタリア、インド、バリに旅に出ます。出会った人たちと語らう中から、こんなことを学んでいきます……

「頭で考えず、心でものを見なさい
そうすれば、本当の自分が見つかる」

「心をからっぽにして、入口を作る
そこに宇宙が流れ込む
その時 君は愛で満たされる」

 旅に出るだけじゃなく、街の中、緑の小道……気が向くところをぶらぶらするだけでも、頭の中で散らかっていたことやモヤモヤと曖昧だったことが、ふいにスッキリと整理されるもの。

 歩くスピードって頭の中を整理するためにピッタリ。「歩行禅」として頭をからっぽにして歩く修業もあれば、脳科学ではデフォルト・モード・ネットワークとして休んでいる間に脳が活動するとされるけれど、歩くくらいの速さが一番よいのだとか。

 混沌としていた自分の中が整理されてスペースが作りだされるから、今までなら見過ごしていたような出会いや、自分の周りで起こっていたことが、自然と感じられるようになるもの。

 未来にどんなことをしたいか思い描きながら、そのためのスペースを作ってみるだけで、体の中にエネルギーが満ちあふれて、運気もあがっていくんです。

 アーティストのトーリ・エイモスはこんな風に……




さあ女子たち、
次の段階へとページにめくるときが来たわよ。

Girls you've gotta know when it's time to turn the page.




トーリ・エイモス
Tori Amos


シンガーソングライター、ピアニスト(1963年~ )
クラシックの基礎を持ち、メゾソプラノのヴォーカルレンジで歌い、オルタナティブブ・ロックやアートポップの分野でも有名。8度のグラミー賞ノミネートの経験を持ち、ビルボードにも登場する人気歌手。


 まだ真っ白な今年のページを、どんなことで埋めていきたいか……

 ステキな出来事で埋めるのは私たち自身ですよ。

【ひとことサプリ】
自分の中にスペースを作って
今まで見逃した出会いやチャンスを、今年こそつかまえて。

構成・文/上野陽子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュース、スヌーピーでお馴染み『ピーナッツ』(C.M.シュルツ作)の連載翻訳などを手がける。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)など多数。新刊『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)も大好評発売中!
ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ