• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Xmas90日前。彼が突然「離れたい」宣言

2013年12月17日

【番外編(1)】愛する彼とヨリを戻したい「りょうこ」の復活恋STORY

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 きらびやかなイルミネーションと見つめ合う恋人たち……クリスマス一色の街の風景に心躍らせながらも、時折ふと哀しげな気持ちになるのは私だけでしょうか。りょうっぺです、こんにちは!

 今回は番外編としまして、りょうっぺの切なくも心温まるクリスマス復活恋物語を次週のイブまで2回連続で公開します。

 この恋物語は、私が一般企業に勤めていた26歳のときに経験した、彼(夫となる人)との復活劇です。

 恥ずかしながらもさらけ出した完全実話を、読者のみなさまにクリスマスギフトとしてお贈りしたいと思います。良かったら、受け取ってくださいね♡

●たった一行の、彼からのメールに言葉を失い……

 遅い夏休みが終わり、少しだけ秋を感じさせる風が心地よい、9月中ごろのことだった。

 丸の内のオフィスから、クタクタになりながら22時過ぎに自宅に帰り、いつものようにパソコンの電源をつけた。

 すると、ある一通のメールに目がとまった。

 「キミとはしばらく距離を置きたい。連絡はしないでほしい」。

 もう一度、眺める。

 えっと、どういうことだろう? すぐに意味がつかめない。

 再び画面に目をやり、マジマジと見る。

 ……。も、もしやこれって、愛想を尽かされたってこと?

 今までずっと一緒に過ごしてきた彼の言葉とは思えないほど、それはあまりにそっけなく、あまりにはかないものであった。

 たった一行だけの、触れたら消えてしまいそうなその文字に、私は打ちのめされ、スーツを着たまま、その場にへたり込んでしまった。

 それからどれぐらい時間が経っただろう。ひとり、部屋で子どものように声を上げて泣き、気づくとカーテン越しにうっすらと光が射しこんできて、いつものあわただしい朝がやってきてしまった。

 目を腫らしたまま、出勤し、会社のデスクに座る。同僚や先輩たちが心配してランチに誘ってくれて、コトのてん末を話すとまた涙があふれ出てしまって、午後の仕事もまったく手に付かない。

 夜も寝ようとすると、涙が頬をつたって枕が濡れてしまう。一睡もできずに、そのまま明け方を迎える日が何日も続いた。

 心から愛する人から拒絶されるというのは、いのちの灯(ともしび)が消え入りそうになるほど、生きることが危うくなるものである。

 おかしな話、車がびゅんびゅん走っている赤信号の横断歩道を無意識に渡ってしまいそうな、そんな危うさだ。

 彼が自分にとって、どれだけかけがえのない人なのか? 

 いのちに関わるほど大切な人なのか?

 失いそうになって初めて思い知らされるとは、皮肉なことだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。早稲田大学第一文学部卒業後、人材派遣会社で営業や企画を経験。その後、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わり、2001年に独立。以来、日経やリクルート系の雑誌編集を行うほか、書籍、Webなどでも執筆。また、「働く人の心の悩み」にも対応するべく、産業カウンセラーの資格も取得。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ