• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クリスマス、ひとりでも10倍楽しむ法!

2013年12月13日

~おひとりブルーを打破、「クリぼっち」を満喫しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 マーケティングライターの牛窪恵です。
もうすぐやってくる、クリスマス。イヴの街がカップルであふれたひと昔前と違って、ここ数年は「おうちクリスマス」が主流ですよね。

 私が運営するマーケティング会社(インフィニティ)でも、毎年シングル女性を対象に「クリスマス調査」を実施しますが、去年のクリスマス直前、「カレとホテルで過ごす」と答えた20~40代女子は、2%しかいませんでした。

 さて、皆さんのクリスマスは……?

 「聞いてください! 今年のクリスマス、会社の忘年会なんですよ~」

 そう教えてくれたのは、アパレル勤務のA子さん(20代後半)。

 私が驚いて「え? そうなの?」と聞くと、同じショップにいた女子スタッフ全員が「そうなんですよ~!」と、不満に口を尖らせて大合唱。

 ただそのあと、皆さん口々にこう言いました。

「でもまぁ、カレもいないし、別にいいんですけど」
「どうせ毎年、家族と(パーティを)やるだけだしね」

 数字でも、その傾向は見てとれます。

 今年、OL向けフリーペーパーを発行するシティリビングが、おもに20~30代の女性に、「去年のクリスマスはどのように過ごしましたか?」と聞いた調査でも、

◆1位:「家 族」=2071人

◆2位:「恋 人」= 441人

◆3位:「ひとり」= 424人

 との結果に。

 ダントツトップが「家族」で、「恋人」はその5分の1ほど。しかも3位の「ひとり」とたった10数人しか違わない、僅差の2位となりました。

 そう、クリスマスを一人ぼっちで過ごす「クリぼっち」さえ、すでに「恋人」と同レベルのマジョリティ(3位)になっているのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
牛窪 恵
牛窪 恵(うしくぼ・めぐみ)
マーケティングライター。インフィニティ代表取締役。財務省財政制度等審議会専門委員。1968年東京生まれ。日大芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社に入社して編集、PR担当後、転職し、2001年に起業。トレンド、マーケティング、小売流通、ホテル、旅行関連などをテーマに執筆、講演を行う。テレビ番組のコメンテーターも務める。主な著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『独身王子に聞け!』『ただトモ夫婦のリアル』(いずれも日本経済新聞出版社)ほか。13年、経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーターに就任。公式ブログ「牛窪恵の気分はバブリ~♪」
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ