• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「かわいい」と「大人っぽい」の両立メイク

2013年12月12日

【読者変身企画】外丸さん32(読者変身2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。今回は読者モニターの変身企画の2回目です。今回のモニターは「ピンクのチークが大好き」という斉藤さん。かわいい雰囲気は残しつつ、大人っぽく見せたいという希望を叶えるメイク術をご紹介します。

Before
自分でメイクをしたところ。

●斉藤えりさん(29歳)
 作業療法士として働いている斉藤さん。丸顔の童顔なので年相応に見られないのが悩み。顔立ちに合うメイクをすると、さらに子どもっぽく見えてしまうので、大人の女性らしいメイクを知りたいそう。クマが目立つのと、唇の色が暗めなのもお困りポイント。



★外丸愛がいつものメイクをチェック!

 斉藤さんのメイクは全体的に淡くフワッとしているので、大人っぽく見せるには、引き締めるポイントを作るのが重要です。

 クマをカバーするために、コンシーラーでカバーしているそうですが、やや厚ぼったくなりすぎているのが気になります。またチークが濃いめなので、そのコントラストでよりコンシーラーを塗りすぎているように見えてしまっています。

 眉は、丸顔をカバーするために直線的に描いているそうですが、もう少し濃く描き、長さを足すと、シャープな顔立ちに見えますよ。

 ピンクが好きで、アイシャドウもチークもピンクをお使いですが、それでは印象が甘くぼやけてしまいがち。そこで、アイシャドウは今のピンクにプラスして、目尻だけブラウンで引き締めましょう。斉藤さんの好きなかわいらしい雰囲気のまま、陰影と大人っぽさが加わります。

 チークはピンクがよくお似合いなので、色はそのままでOK。ただ、つける量を減らし、塗る範囲も狭くしましょう。頬の高いところだけにぼかすようにすると、頬がすっきりして見えます。

 唇の色が暗く、似合う色の口紅がなかなかないというお悩みは、ファンデーションで唇の色を消してから口紅を塗るテクニックでカバーしましょう。

<ここが変身ポイント!>

☆コンシーラー+ハイライトでクマをカバー
コンシーラーだけでクマを隠そうとすると厚ぼったくなってしまい、余計に目立ってしまいます。そこで、コンシーラーを少し薄めにし、その上に微細なパール入りのプレストパウダーなどをひとはけしましょう。光の反射でクマが目立たなくなりますよ。

☆チークを薄く、塗る範囲を狭くする
ピンクのチークが濃く、広く入っていると、頬がより丸く見えるだけでなく、子どもっぽくなりがち。そこで、チークの量を減らして薄めにし、頬の高いところだけにぼかして塗る範囲も狭くしましょう。
丸顔が気になるようであれば、頬のチークの下と顔の輪郭にシェーディングを。肌色より1~2トーン暗めのフェイスパウダーを、大きめのブラシでサッとぼかせばOKです。

☆眉をやや濃く描き、長さを足す
顔のフレームでもある眉をやや濃く、長めに描くことで、顔を引き締めて見せましょう。眉の中心だけ濃いブラウンで描き足し、眉尻を少し下げて、長さを足します。
(※眉の描き方の詳細については「眉の整え方&描き方、5つのポイント」をご覧ください。)


☆ブラウンのアイシャドウでピンクを引き締める
ピンクのアイシャドウをいつも通りに塗ったあと、濃いブラウンのシャドウを目の際に目尻から塗ります。ピンクだけではぼやけてしまう目元が引き締まり、深みがプラスされます。

☆アイライン+黒シャドウでソフトに目力アップ
大人っぽく、さらに女性らしく見せるには、アイラインだけ強調するのはNG。アイラインは目の形に沿って入れたら、ラインの上を黒シャドウでぼかしましょう。太いアイラインでは生まれないソフトな目力が出て、女っぷりがアップしますよ。黒シャドウを目尻よりやや長めにぼかせば、目の横幅も大きく見えます。
(※アイラインの引き方の詳細については、「ナチュラルなのに目力UPのアイライン術」をご覧ください。)

☆唇の色はファンデーションでカバー
唇の色が暗めで口紅の色が出にくいので、ファンデーションでカバーを。色が暗くなっている唇の淵だけにファンデーションをぼかしたら、輪郭通りに口紅を塗って。
(※ファンデーションやコンシーラーでの唇のカバーの詳細については、「リップメイクの「すぐ落ちる」問題一挙解決」をご覧ください。)

メイク完成!!
After
やわらかな女性らしさの中に、大人の強さを感じさせる仕上がりに。頬がすっきり、シャープになったように見える。

文=石河美穂子 写真=鈴木希代江

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
外丸愛
外丸愛(とまる・あい)
専門学校卒業後、都内ヘアサロンワークを経てフリーのヘアメイクを経験。2005年から現在のヘアメイク事務所である「NU YARD」所属。男性・女性問わず、映画・舞台のヘアメイクを手がける傍ら、『FRaU』『SWITCH』などの雑誌でも数多くの女優・タレントを担当。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ