• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ホロスコープを丁寧に解説! アメリカ発・本格星占い

【星占い】ホロスコープが教える12月の運勢

2013年12月2日

考えを整備するのに最適な月

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 12星座は、「私たちが何者であるか」という点において重要な存在です。ですが、占星術は個人的な性格の特徴よりもはるかに多くのことを語るのです。惑星たちのコンスタントな動きは、私たちの生活の会議室における場面、あるいはベッドルームでの過ごし方、その2つの間にあるあらゆるシーンに影響を与えます。11月に引き続き、今月も、数世紀にわたる占星術の知識を、日々の暮らしに生かせるようにお伝えしたいと思います。

 12星座ごとの運勢の話の前に、まずは12月のホロスコープの全体像から…。

 12月は大きなアイディアをゆくゆくは達成するため、考えを整備するのに最適な月です。今月は、先見的な木星の支配する、無限の可能性を持った射手座に太陽が入っている状態でスタート。この熱狂的な火の星座は現状に縛られることなく、もっと活気があり、エキサイティングで意味のある未来を追い求めます。もちろん、時には、到底実現しそうにない約束をしたり、構想ばかりが先走ったりするものですが、射手座はギャンブルの星座。自分で考えて行動しようとすることについては、運を天に任せてやってみるべき星座なのです。

 12月21日には、太陽が現実的な山羊座へと移り、北半球では冬至を迎えます。つまり責任をもって義務を果たす時がきたのです。この土星が支配する星座は、抽象的なことには関心がなく、私たちの意識も結果を生み出すことに向けられます。今月の後半には困難な局面も待っていますが、これら両方の星座の、物事を大きくとらえる視点によって、私たちも最も重要な目標に向かって戦略的に進んでいけるよう後押しを受けられます。

 人生に対する楽観的な見方と悲観的な見方がうまく融合するのは、12月12日の友好的な木星と土星のトラインのおかげです。これは3回ある一連のアスペクトのうちの2回目に当たります。1回目は7月17日に起こり、来年5月24日にも繰り返されます。繊細な水の星座で起こるこの分別のあるコネクションのおかげで、たとえ計画をバックアップする全ての事実が揃っていなくても、自分の直感を信じることができるでしょう。

 この2回目のトラインに際して、多少の調整が必要になるかもしれません。しかし、我慢強く、一貫した態度で臨めば、翌年の5月には前向きな職業上の暗示を伴う、望ましい結果を得る事ができるでしょう。木星は哲学や信念とも結びついていますから、この木星と現実的な土星との結びつきは、従うべき指針に沿って生きられるよう導いてくれるのです。

 12月2日に射手座で新月を迎えると、熱狂とともに、たくさんの革新が起こります。この太陽と月のコンジャンクションは、希望の種を植え付け、野心を抱かせ、どこか遠くへ行きたい気持ちにさせます。期待し過ぎたり、無理な約束をしてしまう危険も少しあるでしょう。けれども、創意に富む天王星がこの月とトラインになり、不可能も可能にするかもしれない天才的なひらめきを与えてくれます。古いやり方を捨て、これまでと異なるアプローチを試すなら、失敗も覚悟しなければなりません。しかし、もしそれが独創的なものであれば、最終的には成功へと導いてくれるはずです。

 頭のいい水星が射手座に入る12月4日には、いつもより意気が高く舞い上がります。持論を強く展開できますが、ポジティブな思考によって、論拠となる事実がぼんやりとしてしまい、詳細にも欠けがちです。もし、つい口に出た言葉が人を動揺させてしまったとしても、12月7日に優雅な天秤座へと火星が入ってきますから、円滑に納められるでしょう。

 12月17日には双子座で満月を迎えるため、情報過多となる可能性があります。この太陽と月のオポジションは、私たちの思考を刺激しますが、注意を散漫にさせる場合も。ちょっと気をそらしてみることで、その瞬間はリラックスに繋がるかもしれませんが、より高い目標を見失うリスクもあるので注意しましょう。同じ日、興奮を好む天王星は順行に戻り、私たちの神経を活性化します。素晴らしいアイディアが浮かぶといいですね。

 12月21日。責任感の強い山羊座に太陽が移るのと日を同じくして、魅力的な金星が逆行に転じるため真面目なムードです。愛を象徴する金星が6週間にわたって逆行する間、人間関係はこじれやすくなります。とはいえ、過去に関わった人とのつながりが復活したり、昔のクリエイティブな関心が蘇ったりもするかもしれません。パートナーシップのあり方を変えるよう、試されてもいるのです。

 水星が12月24日に山羊座に入ると、真面目な考えや会話が増えてきます。しかし、反抗的な火星と天王星のオポジションが12月25日に起こるため、既存のあり方に固執するより、ルールを破っていく傾向が強まりそうです。

 太陽と水星が、人の心をかき乱す天王星とスクエアとなる12月29日に続いて、翌30日には火星が懲らしめ役の冥王星とスクエアになります。そして12月31日には、水星が冥王星と合になり、マッチョな火星ともスクエアをつくります。このため、今年は争いが起こりそうなムードで終わることになるかもしれません。けれども、自分の思考や行動について、積極的に、深く考察したい人たちにとっては、時代遅れの概念や方法論を捨て去る事で、さらに大きな意義を見付け、効率を高められるでしょう。

※こちらの記事に含まれる日付はアメリカ時間を基準にしています。
日本では同日の午後から翌日の午後にあたります。


各星座の占いはこちらから

     
     

この占いは、「Tarot.com Japan」コラボレーション企画です
「Tarot.com Japan」は、星占いやタロット占い、易占いなど、様々な占いの情報を提供しているサイトです。占いに関するコラムもご紹介しています。
*サイトは⇒こちら

<占いコラム・関連記事>
12星座占い「2013年、秋の恋はどうなる?」
ミッド・ライフ(中年期)の占星術 Vol.1
今日の運勢

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ