• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

このまま結婚できないかもと自信を失った時

2013年11月27日

達成したいことがあるなら、「うまくいく」と信じ込むことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の登場人物はこちら

サチエ 最近、「私、このまま結婚しないのかもしれない」と悩み始めているんです。結婚したいと思ってこのゼミに3年間参加してきたのですが、結婚に向かう気配がなくて。もうすぐ31歳になってしまうんです。新しい出会いが足りないのかとも思って「1カ月に3人は、独身男性と連絡先の交換をしよう」と決めて、飲み会に誘われたら必ず顔を出すようにしたり、友達に男性を紹介してもらったりもしているのですが……。

博士 では、聞きますが、サチエさんの魅力って、なんだと思いますか?

サチエ うーん。そこが自分でもわからないんです。自分の好きなことや仕事に打ち込んでいるシングル女性を見たら、素敵だなと思うけど、私には取り立ててそういうものがあるわけでもない。何か特技があるわけでもない。自分でも「このままでいいのかな」ってよく思うんです。

博士 今、サチエさんが語った魅力は、女性が女性を見たときに感じる魅力ですよね。僕が聞いているのは、男性から見た魅力です。

 男性が女性に期待する魅力は4つ。1.性的な魅力(外見のかわいさ、女性らしさ、エッチさなど)、2.パートナーとしての魅力(居心地のよさ、飽きのこなさ、癒しなど)、3.結婚相手としての魅力(子どもが産める年齢、経済観念がある、家庭的であるなど)、4.男性の自由を邪魔しない魅力(夢やお金、時間など、男性の自由を奪わなさそう)。この4つ以外の魅力は男性にとってどうでも良いものです。この4つの中で、自分の売りとなるポイントは何だと思います?

サチエ うーん。なんだろう。

博士 相手に魅力を感じないと、男性はその女性と付き合いたいと思いません。男性との出会いを増やしたとしても、魅力を感じさせられなかったらその出会いが次につながらないのです。けれどサチエさんは、自分の売りとなるポイントがわからないまま恋愛市場に出ている状態ですよね。

サチエ そのとおりです。これじゃあ、売れないですね。

博士 自分ではわからないなら、男友達や同僚など複数の人に「男性から見たときの私の魅力って何だと思う?」と聞いてみるといいと思います。また、元彼の「君のこんなところがいい」と言っていたことを思い返してみるのもいいでしょう。

サチエ 元彼には、一緒にいてラクとか、めったに怒らないと言われました。

博士 だとしたら、居心地のよさや男性の自由を邪魔しない魅力が高いのかもしれません。では次に、その魅力がどんな場に行くと伝わりやすいのかを考えてみることです。外見のかわいさなどは、すぐに伝わる魅力ですね。だから合コンの2時間の中でも伝わります。一方で居心地のよさは、ある程度の時間をかけなければ伝わらないものです。そのため職場やサークル、スクールなど一緒にいる時間が長い場のほうが伝わりやすいでしょう。ほかにも例えば、「お酒を飲みながら、時間を忘れるほど楽しい話ができる」というなら、そのような場所に行くべきです。

サチエ でも私、「結婚したい」と思ってきたはずなのに、結婚できるイメージが全然わかないことにも気付いたんです……。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ