• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012を振り返る

『マルモのおきて』で日本中を元気づけた気鋭のプロデューサー【2012】

2013年11月20日

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012 ヒットメーカー部門 橋本芙美さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ウーマン・オブ・ザ・イヤーは、1.働く女性のロールモデルを掲示、2.組織の中に埋もれがちな個人の業績に

光を当てる、3.活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえる、という主旨のもと、日経WOMAN

が1999年から毎年実施しているアワード。ここでは、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012を振り返り、

働く女性のロールモデルとなる各界の受賞者の方々の、キャリアの軌跡をご紹介します。

ドラマ『マルモのおきて』が大ヒット!
家族の絆を温かく描き、日本中を元気づけた気鋭のプロデューサー

ヒットメーカー部門
株式会社共同テレビジョン
制作センター 第1制作部 プロデューサー

79年埼玉県生まれ。津田塾大学学芸学部英文学科卒業。02年共同テレビ入社。主なプロデュース作に『絶対彼氏』(08年)、『メイちゃんの執事』(09年)、『泣かないと決めた日』(10年)、『フリーター、家を買う。』(10年)など(以上すべてフジテレビ系列)。
【受賞理由】
★ドラマ『マルモのおきて』が大ヒット。笑いあり涙ありのドラマで人々の心を癒やした

★「社内いじめ」や「家族の絆」など社会性の高いテーマを上質の娯楽作品として昇華させる手腕

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ