• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

防寒とおしゃれを叶えるウインターブーツ

2013年11月16日

ウインターブーツを主役に、冬の上手なおしゃれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
◆ウインターブーツの代名詞「SOREL(ソレル)」
ケイト・ハドソン

 冬ブーツは防寒が最重要ミッション(使命)だが、守りに入るのはつまらない。雪と森の国、カナダで誕生したフットウエアブランド「SOREL(ソレル)」はしっかり足をガードしつつ、コートルックを華やがせるウインターブーツを提案している。半世紀の歴史を持つ老舗ブランドだけに、ブーツを知り尽くした上で、女性の着姿を引き立てるブーツ作りがうまい。この秋冬の最新アイテムを手がかりに、ブーツと服が互いを引き立て合う上手な着こなしを見つけてみたい。

ブレイク・ライブリー
ジャスティン・ティンバーレイク

 着こなしが地味にまとまりがちな真冬に、「ソレル」は程よく主張してくれるから、プライベートでもカメラを向けられるセレブリティーたちの私物として迎えられるのも納得。米国テレビドラマ『ゴシップガール』に主演したブレイク・ライブリーや、ファッションアイコンでもある女優ケイト・ハドソン、人気歌手のジャスティン・ティンバーレイクも普段使いでご愛用のよう。おしゃれリーダーが集まるNYコレクションのショー会場でもしょっちゅう見掛ける。とりわけ、雪や雨の日は着用率が高いのは、ブランドならではの防水・耐寒性ゆえ。

 ウインターブーツの代名詞的存在の「ソレル」は1962年、雪と縁が深いカナダで誕生した。レザーアッパーとラバーボトム、着脱可能なフェルトライニング(裏地)という革新的なコンビネーションのウインターブーツを世界で初めて商品化。この組み合わせの構造はウインターブーツのスタンダードとして広く世界で受け継がれている。熟練した職人の技によるブーツ作りは半世紀を経て、クラシックな本物テイストをまとった。大自然に抱かれて生まれた飾らないムードやナチュラルな風情があり、街でもアウトドアでもアクティブな気分を呼び込んでくれる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ