• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「日経ヘルス」記者が試して納得

ミネラルたっぷり! 乾物レシピ 新ワザ紹介

2013年11月1日

失敗しても美味しい「豚肉と小豆のシチュー」「干し大根のサラダ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今月は「パン・ウェイさんの簡単おうち薬膳」がメチャおいしいと聞いていたので「試食はそれが来るのかな~」と思っていたが、ミッションは「食物繊維でお腹ぺったんこ! ミネラルたっぷり! 乾物レシピ 新ワザ10」。「10」といっても、なぜかメルマガ担当N山記者が「干しシイタケ」のページを送ってくれなかったので、実質9品の中から2品選んでみた。

 で、今回はもう最初に謝っちゃいます。失敗しました。m(_ _)m

 選んだメニューは「水で戻して切って混ぜるだけだから超簡単!」とN山記者お墨付きの「干し大根のサラダ」。そしてもう1品は「豚肉と小豆(あずき)のシチュー」だ。

 スーパーの売り場でまず挫折。在来線の終点に近い田舎の駅前スーパーには、普通の切り干し大根が1種類しかない。レシピで紹介されているような「割り干し大根」や「花切り大根」などというオシャレなものはないのだ。
(編集部注:割り干し大根、花切り大根を入れると、食感の違いを楽しんでいただけます。見つけたらぜひお試しを! ない場合は、普通の切り干し大根でかまいません)

 「ま、いいか」と、平凡な切り干し大根を買ってみた。あとはシチュー用の小豆を買うだけ。今度は何種類もの小豆があって、どれを選んだらいいのかわからない。「どうせなら、おいしいのがいいな」というわけで、普通の小豆より粒がやや大きめで黒々ツヤツヤした「金時ブランド」を選んで買った。

【豚肉と小豆のシチュー】

 シチューは煮込みに1時間ぐらいかかるので、まずはこちらからスタート。豆を量って洗って、レシピに「ゆでこぼす」とあるので、やってみる。

 ほげ? なんか豆がピーナツ大になっているんですけど? これ、明らかに「小豆」じゃないよね? あわててパッケージを見てみると「金時」というのはブランドではなく「金時豆」のことらしい。裏の説明を読むと、なんと「水に1晩漬けてから、煮始めるのが基本」らしい。うわ、もう煮ちゃいました。

 ウェブで、「金時豆 失敗」「金時豆 固い」「金時豆 救済」とか、いろいろ検索してみたけど、「ようかんにする」とか「天ぷらにする」とか、レシピからどんどん離れていくばかり。しかも、「一度味をつけてしまうと、それ以上は柔らかくならない」らしい。ここはもう金時豆様にがんばっていただくしかない。水+豆だけの状態で2時間ぐらい煮込んでみた。

 それで、「ゆでこぼし」の件なのだが、豆の種類が違うからか、特に気になるほどのアクは出なかった。逆にゆで汁は豆の色素(これって抗酸化物質じゃないの?)で紫色になった。シチューにするときカップ1杯程度の水を加えることになっているので「これ使っちゃおう♪」と、とっておくことにした。

 あとは、豚肩ロース、タマネギ、エリンギをいためたものと豆、トマトの水煮を加えてコトコト煮込む。豆もそれなりに柔らかく、いい感じになってきた。

【干し大根のサラダ】

 シチューを煮込んでいる間に、まずは切り干し大根を戻してギュッと絞る。どうしよう……レシピに付いている写真と見た目が全然違う。それにレシピ通りの分量だと、ほんの1口か2口で食べ終わってしまいそう。やっぱり平凡な切り干し大根じゃダメだったのか。しょうがないので、思い切って1袋全部戻して絞ってみた。分量的には近づいてきた気がするが……見た目がなぁ。

 グズグズいっていてもしょうがないので、ドレッシングを作る。切り干し大根が分量よりかなり多いので、ドレッシングは倍量にしてみよう。タマネギとニンジンをすり下ろし、白すりゴマと醤油、酢、砂糖、油、練りゴマを合わせる。練りゴマがしっかり溶けるように泡立て器でシャカシャカやってみる。フードプロセッサーが欲しいな。あればタマネギとニンジンのすり下ろしも、混ぜるのも一瞬でできるよな……などと思いながら味見してみたら、これがうまい! だが、2倍だと量がかなり多い!

 いくらおバカな私でも、これを全部切り干し大根と混ぜたらNGなことはわかる。カイワレ大根を足し、様子を見ながら少しずつ足していったら、なんとかイイ感じ(あくまで個人の感想です)になってきた。

 結果、2品とも、すごくおいしくて、わが家では「リピートメニュー」認定が出た。母は残っている金時豆を戻して、「もっと作って」という。煮豆だと甘いのでたくさん食べられないが、トマト味だと結構量も食べられる。今度は「本当の」小豆で作ってみたい。

 切り干し大根も見た目の貧相さに比べて味も食感もすごくいい。特にドレッシングが絶品で、冷やっこ、豚しゃぶ、ゆでたジャガイモと、何と合わせてもおいしい。

 で、信ずる者は救われる。「出る出る」の神はにっこり微笑んでくれるのだ。

おいしい度: ★★★★
ヘルシー度: ★★
失敗しても大丈夫度: ★★★★
(★四つで満点)

 詳しくは「日経ヘルス」2013年12月号 70ページ「食物繊維でお腹ぺたんこ! ミネラルたっぷり! 乾物レシピ新ワザ10」のページをご覧ください。

文=竹島ぽてち

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ