• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

忙しくても頼れない。ついに夫婦間に亀裂が

2013年11月5日

第10回 すれ違い生活で離婚に至った「美沙」の変革STORY(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは! 一見、姉御肌風のりょうっぺです! でも、ホントは次女で甘えんぼ。自分よりも姉御の人がいると途端に寄りかかります(笑)。

 さて今回は、様々な苦難を乗り越えてきた百戦錬磨の美沙さん(40代・既婚)のSTORY。ちゃきちゃきとお話される、正真正銘の姉御です。

 地元、九州にて20代前半で結婚・出産した後、30代後半で離婚。その後、シングルマザーとして奮闘され、再婚するまでの濃密な人生ドラマを、前編・後編の2週に分けてお届けします!

●結婚してるのにひとり育児。ついに限界がやって来た

美沙:短大を卒業した後、地元の九州で損害保険会社に就職したのね。当時、女子社員は「結婚退職」するのがトレンドだったから、私も大学時代から付き合っていた彼と入社4年目ぐらいに結婚して、仕事を辞めることにしたんだ。

 それからすぐに子どもが授かって24歳で娘を出産したの。

りょ:なんだか展開が早いですね! とんとん拍子!

美沙:いやいや、それからが苦難の始まりだったのよ……。旦那さんの仕事の関係で九州の田舎で暮らし始めたんだけど、周りに親や友達もいないし、旦那さんは毎晩遅くまで仕事。育児はほぼ自分ひとりでやっていたんだ。

りょ:身近に頼れる人がいないのはきついですね……。

美沙:ある日、里帰りしたときに倒れてしまって、入院することになっちゃったの。

 原因不明の高熱が2カ月続いて、げっそり痩せ細り、歯ブラシさえも持てないほどに体力が落ちちゃった。ずっとフラフラ状態で、あのときはホント危なかったわ。

りょ:お子さんはその間どうされていたんですか?

美沙:母にしばらく見てもらっていてね。なんとか熱も下がって無事に復活することができたんだけど、あとで振り返ると、あれは「育児ノイローゼ」の一種だったんじゃないかと思うのよ。

 私、真面目過ぎるというか、いろんな育児書を読みまくって、「離乳食は何カ月目から、何を食べさせたらいい」とか神経質になっちゃったのね。しかも旦那にも頼らず、ひとりでなんとかしようとしていて。

 とうとう限界が来て、プッツリ電池が切れてしまった。

りょ:そりゃ限界来ますわ。時々、チカラ抜かないと倒れますよね。

美沙:そうそう。それからはもう育児だけに邁進するのはやめようと思って、息抜きのためにも外に出ることにしたのよ。ちょうど実家のある町に引っ越したこともあって、母に娘を見てもらいながら、パートで家庭教師の仕事を始めたの。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。早稲田大学第一文学部卒業後、人材派遣会社で営業や企画を経験。その後、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わり、2001年に独立。以来、日経やリクルート系の雑誌編集を行うほか、書籍、Webなどでも執筆。また、「働く人の心の悩み」にも対応するべく、産業カウンセラーの資格も取得。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ