• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

婚活サイトで騙されないために

2013年10月30日

知っておきたい婚活サイトや結婚相談所の活用のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

> 今回の登場人物はこちら

――婚活サイトでの出会いについての相談です。

 「半年前に婚活サイトで知り合った男性と定期的に会っているのですが、相手の男性は焦っている気配がありません。どうやって進めていけばいいのかわかりません」。

博士 この女性は、「婚活サイトで出会う男性は、結婚を真剣に考えている人たちのはず」と素直に思っているのでしょう。けれど、そんな考えで婚活サイトに飛び込むと、遊び目的の男性に都合よく遊ばれてしまうこともあります。

 ネット上の婚活サービスにもいろいろ種類があって、多数の結婚相談所の連盟組織が作っているサイトは、会費は高いものの、真剣に考えている男性が集まっていると思います。また、結婚情報サービスと呼ばれる、独身を証明する書類、在職や最終学歴を証明する書類などが必要な、やはり高い会費を必要とするサービスも、結婚を真剣に考えている男性が多く集まっていると思います。一方で、数千円程度の月会費しか必要としないサイトには、結婚を考えている男性もいれば、遊び相手を探している男性もかなりの数いると思ったほうがいいでしょう。

 婚活サイトで出会った男性について、「相手も真剣に結婚相手を探している人だろう」と思って付き合ってみたら、遊び目的でしかなかった。しかも何人も、同じような結果になってしまった……ということは、かなり頻繁に起こっています。

 体の関係を持ったもののしばらくしたら相手と連絡がつかなくなったり、既婚者だとわかったり、聞かされていた名前が偽名だとわかったり……と、そんなケースもあります。けれど恋愛経験が少ないためか、遊ばれてしまったことにさえ気づいていない人も少なくありません。婚活サイトや婚活パーティーのような相手の身元が特定できない場では、こういうことも起こり得ると知っておいたほうがいいでしょう。

 特に、長年付き合った彼と別れた、離婚したなどの理由で、恋愛市場に長い間出ていなかった人が婚活サイトを使うのは、まるで海図やコンパスを持たないままで大海原に飛び込むようなもの。よっぽど運が良くないと結婚までたどり着けないでしょう。

サチエ もし婚活サイトを使うなら、「この男性は遊び目的かも」と見抜く目が必要ということですね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ぐっどうぃる博士
ぐっどうぃる博士
恋愛カウンセラー。理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主催。音声で恋愛を学べるスマートフォンアプリ『ぐっどうぃる博士の音ライブラリー』や携帯公式コンテンツ「恋が叶う99のルール」もある。現在、テレビ、ラジオ、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、『恋で泣かない女になる61のルール』(講談社)などがある。ぐっどうぃる博士の経歴の詳細はこちらより。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ