• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働くワンコ大集合!

福島の被災犬が人を救うセラピードッグに

2013年10月30日

里帰りを果たし、被災者の心身のケアに活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 病気や障がいを持った人、介護が必要な高齢者などの治療をサポートする「セラピードッグ」。セラピードッグの育成・普及を行う国際セラピードッグ協会では、病院や介護施設での活動に加え、東日本大震災で被災した方々の心身のケアにも力を入れています。

 「仮設住宅で生活する被災者の方々の中には、大変な孤独感、絶望感を抱いて苦しんでいる人がたくさんいます。私はセラピードッグを連れて何度も被災地に足を運んでいますが、現地に行くと、仮設住宅で自ら死を選んだ方の話をたくさん聞くんです。震災から2年以上が経ちましたが、被災者の心身のケアは切実な問題なのです」(国際セラピードッグ協会代表の大木トオルさん)

 国際セラピードッグ協会が被災地で活動を開始したのは、2011年5月のことです。最初に訪れた宮城県女川町では、3頭のセラピードッグが避難所となっていた老人保健施設を訪問。セラピードッグと接することで心に安らぎを感じてもらうことが目的でした。避難所では、涙を流して「犬の暖かさにいやされた」と話してくれた方もいたそうです。

被災者の皆さんから大歓迎を受けました。
セラピードッグに触れると誰もが笑顔になります。

 「人が無気力になったとき、支えになるのは無償の愛情だと思います。セラピードッグには、どんなときもだれにでも、まっすぐ相手に愛情をそそぐ力があるんです。被害の大きさに比べれば小さな力ですが、セラピードッグが被災者の方々の孤独や絶望感を少しでもやわらげる手助けになり、生きる支えになってくれると信じています」(大木さん)

 国際セラピードッグ協会では、震災後、新たにもう一つの取り組みをスタートしました。それは、福島の被災犬を救助してセラピードッグに育成することです。

 福島第一原発の事故後、警戒区域の周辺では、飼い主とはぐれたり震災後に生まれて野犬化したりした犬の保護が問題になりました。「福島県内で保護された犬、猫、家畜は被災動物として殺処分を免れることになっていますが、収容する犬の数が増えて飼育スペースが足りなくなり、現場はいっぱいいっぱい。何らかの理由で殺処分対象になっていくのです」(大木さん)。

 2011年12月、福島で殺処分が決まった被災犬がいると聞いた大木さんは、すぐに救助に向かいました。そこで4頭の犬を引き取り、以後、6回にわたり18頭の被災犬を救助しています。中には、小さなケージに入れられていたために骨格が変形してしまっていた犬や、野生動物用のワナによって片足を失ってしまった犬、津波で全身泥だらけになって浜に打ち上げられていた犬もいたといいます。警戒区域を長くさまよっていた犬は、大木さんやJヴィレッジ(福島第一原発の事故対応を行う作業員の拠点)の有志の方たちがていねいにシャンプーして除染し、放射線量を検査したうえで迎え入れたそうです。

原発周辺の立ち入り禁止区域内で行政による捕獲後、大木さんにレスキューされた金次(右)と銀次。
2匹は丁寧なシャンプーを施されて、除染作業を受けました。
放射能検査をクリアして初めて、国際セラピードッグ協会犬舎への移動が許可されました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ