• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ナチュラル&写真映えする」メイクのコツ

2013年10月17日

Facebookやtwitterにアップされても怖くない! 写真映えするメイク術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。これから年末にかけて結婚式、忘年会、同窓会…など、パーティーやイベントが増える季節ですね。人が集まると写真を撮ることが増え、しかも撮った写真はすぐにFacebookやtwitterなどにアップされる…となると気になるのが写真写り。

 ファンデをしっかり塗っていったらフラッシュで顔が真っ白に浮いてしまった、ナチュラルメイクのつもりがのっぺり顔に写っていた…写真を見返してそんな失敗に気づいた人も多いのでは?

 そこで今回は、「ナチュラルかつ、写真にキレイに写る」メイクのコツを伝授します。

ポイント!
★ファンデーションを均一に塗らず、ハイライトやシェーディングでメリハリをつけること
★フラッシュで飛びがちな眉は、上のアウトラインをしっかり描くこと
★アイラインやチーク、口紅はいつもより丁寧に、やや濃いめにすること

 写真に写るときのメイクで気をつけるべきことは、顔の正面から当たるフラッシュで、肌が光ったり色が飛んだりすること。

 それを意識しないと、顔全面に均一に塗ったファンデーションがフラッシュで白く光ってのっぺり大きな顔に見えたり、ふんわりナチュラルに描いたつもりの眉が飛んで顔がぼやけてしまったり、という失敗をしがちです。

 フラッシュが当たると顔がフラットに写るので、凹凸をハイライトやシェーディングで強調し、光で飛んでしまう眉やチークはいつもよりやや濃いめに。パールが強いアイシャドウなどはギラギラ光って下品に見える恐れがあるので避けましょう。

NG!
均一に塗ったファンデーションで顔がのっぺりとして見える。白っぽいアイシャドウとマスカラだけが目立って、ほかのパーツとアンバランスなのも気になる。
GOOD!!
目元や口元がくっきりしたメリハリのある顔立ちになり、ぐっと美人度が上がった。きちんとメイクしているのに、やりすぎにならず上品な仕上がり。

写真写りメイクの部位別のポイントは…

【肌】
・フラッシュで光るので、ファンデーションの色は明るすぎないように注意。パールが強いものも避けて。

・ファンデーションを顔全体に塗ったら、目尻のCゾーンとチークの上、眉下にハイライトを。使うハイライトはパールが強すぎない、マットめなものを選んで。

・さらに、額の両角とフェイスラインに、肌色よりワントーン暗いパウダリーファンデーションでシェーディングをすれば、よりメリハリのついた小顔に写る。


【眉】
・薄くふんわり描いた眉は消えやすく、光で飛んでしまうので、いつもより強めに描いて。

・特に、光が当たりやすい上のアウトラインをきちんと描くのがポイント。眉の上端をしっかり描き、下に向けてぼかすと

【目元】
・アイシャドウはパールの強すぎないものをセレクト。アイラインは太めにし、目尻をやや長めに。まつ毛とまつ毛のすき間を埋めるのも忘れずに。下まぶたも目尻から黒目の外側までブラウンでラインを。

・まつ毛はグッとカールアップさせ、マスカラをたっぷり塗る。

・アイラインの引き方は「ナチュラルなのに目力UPのアイライン術」をチェック!


【チーク】
・チークはフラッシュで飛びやすいパーツ。肉眼で少し濃いかな? と思うくらいが、写真ではキレイに写るので、写真を撮る前に塗り足すと完璧。


【口元】
・口紅の直塗りやグロスだけの唇では、リップラインが曖昧に。リップライナーできちんと輪郭を取ってから口紅を塗り、口紅と同系色のグロスでツヤをプラスして。グロスをつけすぎるとテカテカして下品に見えるので、軽くツヤを足す程度に。唇が薄すぎる人などは、コンシーラーやファンデで一度唇の輪郭を消してから、リップライナーで好みの形に整えて。

・リップの引き方の基本は「リップメイクの「すぐ落ちる」問題一挙解決」をチェック!

文=石河美穂子 写真=鈴木希代江

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
外丸愛
外丸愛(とまる・あい)
専門学校卒業後、都内ヘアサロンワークを経てフリーのヘアメイクを経験。2005年から現在のヘアメイク事務所である「NU YARD」所属。男性・女性問わず、映画・舞台のヘアメイクを手がける傍ら、『FRaU』『SWITCH』などの雑誌でも数多くの女優・タレントを担当。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ