• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

脱ワンパターン!チェック柄の着こなし術

2013年10月12日

チェック柄の着こなしアレンジ・新趣向のお手本6パターン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ここ数年来の人気が続くチェック柄だが、ワンパターンの着方はNG。見慣れたモチーフだからこそ、アレンジにひと工夫して、見飽きた着姿を遠ざけたい。新趣向のスタイリングを仕入れれば、手持ちワードローブだって別の表情を見せ始める。この秋冬を彩るニュースな着こなしを示すお手本スナップは、かぶり知らずのチェック柄ルックに導く。

◆チェック柄シャツ

 チェック柄シャツとデニムの合わせは定番中の定番。だが、当たり前に見えすぎてしまうリスクも大きい。どちらもカジュアル色が濃い分、手抜きっぽく映る心配も。着丈の長いチェスターコートを羽織れば、シャツとデニムの見える面積がぐんと抑えられて、大人っぽいバランスに変わる。

 ビッグクラッチバッグもスタイリッシュな雰囲気を添える。ダークカラーが多くなる秋冬にあえて差し込んだパステルカラーが重たさをやわらげている。ニット帽が若々しさをオン。足元もブーツインですっきりまとめて。

 目立ちすぎてしまうチェック柄シャツを手なずけるには、「何かをかぶせる」というのが手っ取り早い対処法。フィッシャーマンズニットのほっこりした表情がシャツの学生気分を抑え込んでくれた。重ねたトップスのムードが強く出るから、狙ったイメージに合わせて選ぶといい。

 シャツが襟元と裾から程よくはみ出して、朗らかな重ね着に仕上がった。さらに、ファーコートを乗せて、ゴージャスな3層レイヤードに格上げ。ボトムスは好対照の細身パンツで合わせ、ボリューム格差で腰から下をシャープに演出。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ