• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

台風の目力、「小さくてくっきり=強い」

2013年10月7日

目力の強い台風は、「天気が急に荒れる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 台風が頻発しています。

 今年の9月の台風発生数は8個。これは、1965年・1988年・1994年と並び、1966年・1967年の9個に次ぐ多さです。9月に8個以上発生した年は、年間の発生数が30を超えていて(平年は25~26個)、これまでで最も多かったのが1967年の39個です。

 10月に入ってからも沖縄付近には23号、24号と相次いで接近しています。

10月6日午後6時時点の台風進路予想図。23号は北西に進む速度が遅く、予報円が重なっている。一方、24号は23号に比べて速度が速く、九州から本州付近へ向きを変える予想になっている(気象庁HPより)。

 台風は暖かい海水からの水蒸気をエネルギー源として発達し、地球の自転の影響で自ら北に進む力を持っていますが、それだけでは大きく動けません。上空5000メートル付近の強い風に乗ることで速度を上げて北上します。台風が乗りやすいのは、「太平洋高気圧の縁」や「前線」あたりに吹く強い風です。夏から秋に台風が本州付近に多く近づくのは、日本付近がこの強い風の通り道になりやすいからです。

 ただ、台風の発生が相次ぐと、海水が風波でかき混ぜられて海水温が下がり、エネルギー補給ができなくなったり、近い位置にある台風同士が干渉しあって複雑な動きをしたりすることがあります。

 23号と24号は進むコースや速度だけでなく、勢力も異なっています。それは「目力(めぢから)」に表れています。気象衛星画像をみるとわかります。

10月6日14時(左)と10月7日14時(右)の気象衛星画像。図中の左が23号、右が24号。23号の雲と24号の雲の中心付近を比べると、「目」の鮮明度が異なっている(気象庁HPより)。

 台風24号の「目」は小さくてくっきりしています。これが台風の勢力の強さを示しています。

 7日午後2時現在、台風24号の中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は50m/sで、勢力は「非常に強い」です。一方、6日午後の台風23号の勢力は「強い」でした。

 「台風の目」がくっきりする仕組みは、次の通りです。中心に向かって吹き込む風が強いほど遠心力も強まり、中心付近に風が入り込めなくなります。こうして目の周りには発達した積乱雲の壁“アイウォール”が形成されて、気象衛星に目がはっきりと映るようになるのです。

 目が最もくっきりするのは台風の最盛期で、台風の勢力が落ちて中心付近の風が弱まると、目の形も崩れてきます。

 私たち女性は「目力が強いといえば大きい目」と、アイライナーで縁取ったり、周囲をぼやかしたり、まつ毛を足したりしますが、台風は「小さくてくっきりした目」が強さのポイントになります。

10月7日10時10分(左)と14時50分(右)の雨雲レーダー。台風24号の雨雲は、全体の丸い形も中心付近の目も保ったまま、沖縄本島付近に近づいた(気象庁HPより)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ