• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【今日の名言】生き方上手の言葉選びのコツとは?

2013年10月11日

その一言で後悔しないコツを、テイラー・スウィフトが伝授(第45回)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは、著述・翻訳家の上野陽子です。第45回は、テイラー・スウィフトの言葉です。言葉は人に元気も与えれば、傷つけもします。うまく伝えられなかった思い、言ってしまって後悔した一言……テイラーの名言から、悔いのない言葉選びの方法が見えてきます。




言葉って、
人を粉々にするほど傷つけるものでもあり、
逆に傷を修復してあげられるものでもあるの。

Words can break someone into a million pieces, but they can also put them back together.




テイラー・スウィフト
Taylor Swift


シンガーソングライター(1989年~ )
2006年にデビューし、2009年にMTVビデオミュージック・アワード「Best Female Video」受賞、第52回グラミー賞 でビヨンセやレディー・ガガと並び、『フィアレス』が年間最優秀アルバム賞を受賞。


 ほんの少しの言葉に落ち込んだり、ちょっとした励ましに奮起したり、本当に言葉って不思議です。

 ちょっとした一言が、その人の人生を左右するような大きな影響を及ぼすこともありますよね。

 「あのときの、この一言があったからこそ」という経験もあるかもしれないし、きっと誰にも心にとめておきたい言葉はあるものでしょう。

 あのタイミングで、その立場にあったからこそ心に響いた言葉。

 自分にとって特別な人が言ったからこそ、記憶に残った言葉など……。

 逆に、影響力があるからこそ、意図して相手を粉々に砕くことだってできるわけです。

 でも、そんな言葉を発しても、あと味が悪いだけ。

 テイラー・スウィフトはこんな風に続けています。

「言葉は人を救うために使って欲しいわ。
 だって、言わずにおいた一言よりも、
 意図して相手を傷つけてしまった言葉のほうが、
 ずっと後悔が残るものだから」

 「言わなければよかった……」でも、 言ってしまったことは取り消せないないから、その一言に思いを込めて大切に。

【ひとことサプリ】
自分に跳ね返ってきて欲しい言葉を伝えること。
それが、日々の思いやりのコツなんですね。

構成・文/上野陽子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
上野陽子
上野陽子(うえの・ようこ)
著述家、翻訳家、コミュニケーション・アナリスト。カナダ、オーストラリアに留学後、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社をへて、コラム連載や媒体プロデュース、スヌーピーでお馴染み『ピーナッツ』(C.M.シュルツ作)の連載翻訳などを手がける。著書に『コトバのギフト―輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)など多数。新刊『1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルール』(アスコム)も大好評発売中!
ブログ⇒http://koisurueigo.com/
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ